シャンパンはロシア産だけ!

 7月2日ロシアウラジーミル・プーチン大統領は第171連邦法令「アルコール商品の規制について」の改正法案に署名、同法令は7月6日に発効した。

JBpressですべての写真や図表を見る

 この改正法によって、これまで使用されてきた「スパークリングワインシャンパン)」というカテゴリー名は「スパークリングワインロシアシャンパンを含む」というカテゴリー名に変更された。

 この結果、従来ロシア語ラベルに「シャンパン」と記載していた輸入シャンパンは、ロシアの消費者向けにはロシア語で「スパークリングワイン」と書き直すことが必要になる。

 改正法のもう一つのポイントは、改正は原産地規制に関わるものである。

 今後、原産地規制(欧州の原産地呼称制度に相当)は、ロシア国内で製造されたワインを保護する制度とされ、輸入者に適用できないものとされた。

 世界的には「シャンパン」というのはフランスシャンパーニュ地方で生産されるスパークリングワインだけに許された呼称だが、ロシアの新しい改正法に従うとその名称保護はロシアで適用されない。

 この改正案はロシア国内外のワイン業界で大きな波紋を起こした。

 日本でも有名なモエ・シャンドン、ヴーヴ・クリコ、ドン・ペリニョンといったフランスの高級シャンパンロシアに輸出しているモエ・ヘネシー社(LVMHグループ)はロシアへのシャンパン輸出を一時中止すると発表した。

 ちなみに、ロシアと「シャンパン」の問題は今回が初めてではない。

 2012年ロシアWTO世界貿易機関)に加盟した時にも「シャンパン」というスパークリングワイン名について議論された。

 ロシアシャンパンの歴史は古く、現在も高級シャンパンの一つに挙げられる「クリスタル」は、1876年にロシア皇帝アレクサンダー2世のために作られたものである。

 ソ連時代にも「ソビエツコエ・シャンパン」(ソビエトシャンパン)という安価なシャンパン一般国民のために大量に生産されていた。

 こうした経緯もあって「ロシア語で(キリル文字)で表記されている「シャンパン」というのは原産地規制で保護されているスパークリングワインの名ではなく、「特別な方法で製造されているワインカテゴリー」を意味している。

 そうした経緯からロシアではシャンパンの呼称が容認されていた。フランス側も、あまりの品質の格差に競合相手になり得ないと見くびっていたと思われる。

 それから10年余、「シャンパン」をめぐるロシアの状況は大きく変わった。

 日本の読者の多くは、「ロシアで「シャンパン」と呼べるほどのワインって本当に作れるの」と疑問に思うであろう。

 筆者は、実はシャンパンロシア産ではない)の愛好者で、シャンパーニュ地方の生産者(メゾン)まで行ってその素晴らしさを実感した。

 しかし、近年のロシアワインの成長・品質の向上は見逃せないものがある。

ロシアワインの歴史は長い

 ロシアアルコールといえば、ウオッカだと思い込んでいる日本人は多いかもしれない。しかし、それは数十年前までのこと。

 ロシアの社会変化とともに、お酒の消費や生産が大きく変わってきているのだ。

 ウオッカの消費量が頭打ちとなる一方、シャンパンと呼ばれているスパークリング、白・赤ワインアイスワインなどの生産量は年々増加している。

 ロシア南部、黒海、アゾフ海沿岸でブドウ栽培が始まったのは数千年前、ジョージアグルジア)と並んでこの地域は世界の古代ワイン製造地域として知られている。

 1613年から現在のアストラハン州で当時のミハイル・ヒョードロビチ王のために葡萄畑が設置され、1656~57年には最初のワインが王の食卓に送られた。

 現在、ロシアワインの主要産地であるドン川地域における葡萄栽培とワイン作りは、18世紀前半にピョートル1世の命令で始まった。

 19世紀後半になると、ロシアの商業用ワイン生産がレフ・ゴリツィン王子によってクリミアで始められた。

 このゴリツィン王子はロシアスパークリングワインロシアシャンパン)の創始者であると言われている。

 王子が1878年に建設したワイナリー「ノービ・スベット」で製造したスパークリングワインは、ロシア帝国内や海外展示会で高く評価された。

 このシャンパン1896年、ニコライ2世の戴冠式の際に提供され、それ以来「戴冠式」というブランドを称している。

 現在、ロシアスパークリングワインとして一番よく知られている「アブラウ・ジュルソー」もゴリツィン王子の遺産である。

 ゴリツィン王子は1890年代からロマノフ王朝のワインメーカーを務めており、当時アブラウ・ジュルソー村でワイン工場と5つの地下トンネルを建設した。

 ソ連時代の1928年に、このアブラウ・ジュルソー工場で「ソビエトシャンパン」が初めて開発・製造された。

 ソ連時代にはクラスノダール州、ドン川流域、スタブロポリ州、クリミア、ダゲスタン共和国などが主な葡萄栽培地域となり、国営農場で葡萄栽培が行われた。

 しかし、ミハイル・ゴルバチョフ時代(1985年代)に反アルコール・キャンペーンが始まり、葡萄畑の破壊、ワインメーカージュースメーカーへの切り替えが行われた。

 このキャンペーンはロシアワイン業界に大きな損失をもたらした。

 1992年に10.7万ヘクタールあった葡萄畑は、2007年には5.5万ヘクタールとほぼ2分の1に減少した。

 結果として2000年代ロシアのワイナリーでは、7~8割のワインが海外から輸入された原料ワインから製造されていた。

2000年代に復活し始めたロシアワイン

 しかし、その頃からロシアワインの復活も始まっていた。

 海外の最新のワイン製造設備を輸入、葡萄の木は海外から定番種を移植する一方、様々な科学的アプローチを用いて国内品種を開発、製造担当に欧州(主にフランスイタリア)の有名な専門家を招いた。

 海外からの技術導入や専門家を招いて一気呵成にことを運ぶのは、ロシアの特徴の一つでもある。

 例えば、前出のスパークリングワインを製造している「アブラウ・ジュルソー」は製造設備はフランス製、またフランスのモエ・シャンドン、ポメリーなどでの醸造経験のあるコンサルタントを採用している。

 また、いわゆる「カルトワイン」を目指す小規模なワイナリーも現れ始めた。

 こうしたワイナリーは、ロシアの固有種の葡萄、クラスストップ・ゾロトフスキ、ルカツィテリ、コクール、シビリコビ、ツィムリャンスキ・チョルニーを扱うワイナリーも少なくない。

 ロシアワインは世界であまり知られておらず、ウオッカキャビア、ピロシキ、ロシアンティーほど有名ではない。というか、そもそも存在すらほとんど知られていない。

 そこで、ロシアワインの知名度を向上させるため、ワイン生産者は積極的に海外のコンテストに出展し、高い評価を得ている。

 世界大規模のワインコンテストとされる英国のディキャンター・ワールドワイン・アワードDecanter World Wine Awards)2021年大会では、ロシアワイン43銘柄が受賞を果たした。

 その中でも、同年に初めてコンテストに出たアナパ地方にある「Shumrinka」ワイナリーのワインは何とプラチナメダルを受賞している。

 アナパは黒海沿岸の古くからの保養地であるが、これまでアナパ産ワインラベルには、米カリフォルニアワイン産地ナパをもじって「aNAPA」 と自虐的な表記すら見られた。今後は胸を張って「ANAPA」と表記されるだろう。

 余談であるが、カリフォルニア・ナパバレーワインを世界的に有名にしたのはロシア人、アンドレイ・チェリチェフであることも付け加えておきたい。

 どうやらロシア人にはお酒造りのDNAが備わっているようである。

 さらにロシアワインを魅力的にしているのは、その価格である。

 ロシアワインは驚くほど値段が安い。例えば、標準的なクオリティースパークリングワインは、小売価格で400~500ルーブル(約600~750円)で買える。

 高品質なもの、例えば2020年にディキャンター・ワールドワイン・アワードでブロンズメダルを受賞した「Abrau-Durso Blanc de Blancs Brut」は960ルーブル(約1440円)である。

 2020年シルバーメダルIWSCでブロンズメダルを受賞したベデルニコフ・ワイナリーの「Vedernikov Tsimlyansky Chorny(50%)・ Sibirkovy(50%)(両方とも自生葡萄)「Extra Brut」は1200 ルーブル(約1800円)。

 前述のプラチナメダルを取った「Semisam Saperavi-Syrah(2018年)は、著者が実際に市内スーパーマーケットで約700ルーブル(約1050円)で購入した。

 ちなみに「ロシアシャンパン」は何と229 ルーブル(約344円)とビール並みである。

おわりに

 さて、フランスシャンパン生産者は今回の法令改正に対して、ロシアへの輸出を一時中止することを宣言した。

 しかし、数日後にはこれを撤回、新要件に合わせてしかるべき手続きを行い、輸出を再開することを発表した。長年の上顧客には逆らえないということだろうか。

 ちなみにロシアスパークリングワンメーカーも自分のスパークリングワインを「シャンパン」とどうしても名づけたいわけではなく、今までのカテゴリーで競争したいと述べている。

 こちらは、「シャンパン」の威を借りなくとも対抗できるとの自信の表れだろうか。

 5年、10年後にはフランスシャンパン生産者がロシアスパークリングワイン生産者を買収するようなことが起きても不思議はない。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  ワクチン接種で豪華プレゼント、ロシアの羨ましい現実

[関連記事]

ロシア株式市場に異常あり、個人株主が爆発的増加

コロナ禍も無縁、ロシアのベンチャーが続々IPO

ロシアがワイン作りに自信を深めている