スクウェア・エニックス7月29日(木)、ファイナルファンタジー(以下、FF) ピクセルリマスターシリーズより、『FF』、『FFII』、『FFIIIの3タイトルiOS/Android、PC(Steam)向けにリリースした。

 

 「FF ピクセルリマスター」は、初代『FF』からFFVIまでの6作品をオリジナル版を元に再構築したシリーズ。原作のシナリオはそのままに、ゲームバランスの調整をはじめ数々のアップデートが施されている。

 シリーズの特徴である「ピクセルリマスターは、2Dのドット絵を基準にグラフィックを一新。オリジナル版の初期からドット制作に携わる渋谷員子氏が全プレイキャラドットを手がけている。当時の雰囲気を活かしながらも現代の高解像度画面に映える丁寧なリニューアルが魅力だ。

 また、原作シリーズの作曲を担当した植松伸夫の完全監修のもとアレンジされたBGMのほか、モンスター図鑑やサウンドプレイヤー天野喜孝によるイラストをほぼ全て収録したギャラリーといった新たな要素も追加。モバイル版とPC版にはそれぞれ異なるUIが実装されており、コントローラーキーボードタッチパネルでも遊びやすいデザインにもなっている。

(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)

 「FF ピクセルリマスターシリーズは、iOS/AndroidGoogle PlayAmazonアプリストア)、PC(Steam)向けに発売中。販売価格は『FF』、『FFII』が1480円。『FFIII』が2200円となっている。

 なおSteamでは、初代『FF』からリリース予定の『FFVI』までがセットになった本シリーズバンドルパックも販売されており、割引価格の9172円(各税込)で購入が可能。発売済みタイトルの早期購入特典である壁紙やサウンドトラックは、バンドルにも事前購入特典として付属する。『FFIV』、『FFV』、『FFVI』の3作品のリリース日は未定。

ライターdashimaru

「ファイナルファンタジー ピクセルリマスター」公式サイトはこちら
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter@dashimaruJP