日本一ソフトウェアは、「日本一×百合ゲームセール」と題して、じんるいのみなさまへと、『夜、灯す』50%オフセールを開始した。セール対象となるプラットフォームはNintendo Switch

 価格は『じんるいのみなさまへ』、『夜、灯す』の2作とも、税込7678円が税込3839円のお値打ち価格となる。期間は8月11日(水)まで。

(画像は『じんるいのみなさまへ』より)

 『じんるいのみなさまへ』は、仲睦まじい女の子たちによる、女の子たちだけのゆる~いサバイバル生活が楽しめるアドベンチャーゲーム

 舞台は無人になって荒廃した秋葉原。観光旅行に来ていたはずのホテルを目を覚ますと、秋葉原は廃墟と化していた。こうして他に誰もいない中、5人の女の子たちはみんなで仲良く助け合い、楽しい毎日を過ごす共同生活が始まることに。

 サバイバル要素はそれほど濃くなくマップなど一部UIが見づらいとの評価もあったタイトルだが、春夏冬ゆうが手掛けた淡いタッチキャラクターデザインと、過酷な状況設定のギャップにより、一風変わったガールズ・アドベンチャーが楽しめる。

(画像は『じんるいのみなさまへ』より)
(画像は『じんるいのみなさまへ』より)
(画像はMy Nintendo Store『夜、灯す』より)
(画像はMy Nintendo Store『夜、灯す』より)
(画像はMy Nintendo Store『夜、灯す』より)

 『夜、灯す』は、由緒ある女子校を舞台に、怪奇事件に巻き込まれた女の子5人を描いたホラーアドベンチャー

 主人公十六夜は地方のとあるお嬢様学校の箏曲(そうきょく)部に所属する女子高生。同じ部の仲間と共に秋のコンクールに向けて合奏練習の真っ最中に、彼女たちの身の回りで不可解な事件が起こり始める。

 ゲームは、怪奇事件や奇妙な転落事件を通して、少女たちの絆が次第に深まるものとなっている。美麗なキャラクターデザインイベントイラストを手掛けたのは、イラストレーターカオミン氏によるもの。

 今回、発売1周年を記念して、本作のシナリオライター永田たま氏による書き下ろし小説「一年後の私達」が公式ホームページにて公開されている。本編終了後の鈴たちをとある猫の視点から描いた小説となっている。

 またヴィータ・ソリューションズの通販サイト「オフィシャル倶楽部MAG」にて、7月30日より、オフィシャル新グッズが発売開始する。既存のアクリルキーホルダー、アクリルフィギュアなどに加えて、マグカップストームグラス、オイルランプセットが追加される。

My Nintendo Store『じんるいのみなさまへ』はこちらMy Nintendo Store『夜、灯す』はこちら
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter @fukuyaman