NetEase Gamesは、バトルロワイヤルゲーム荒野行動にて、ホラーゲームバイオハザードとのコラボイベントが開始された。期間は8月12日(木)23時59分。

 『荒野行動』は100人のプレイヤー無人島に降り立ち、最後のひとり(1チーム)になるまで戦うバトルロワイヤルゲーム。今回はカプコンの『バイオハザード』と初のコラボイベントを開催。荒野一帯が『バイオハザード』の雰囲気に包まれる。

 期間中にログインしたプレイヤーの一部には、原因不明身体変異が発生し、解除するためには荒野全体のプレイヤーが協力して特殊アイテムを探す必要がある。

 またレオン・S・ケネディエイダ・ウォンネメシス第一形態再現衣装のほか、荒野を駆ける仲間にデフォルメされたネメシスが追加される

 さらに5種類の銃スキンが新規実装され、レオン・S・ケネディネメシスアンブレラ社をテーマにしたオリジナル銃スキンが登場する。車はR.P.Dをテーマにしたスキンや、実際にR.P.Dのパトカーを再現したスキンなども登場。アンブレラデザイン仕様のパラシュート寄生生物プラーガをモチーフとしたリュックも利用ができる。

 あわせてコラボガチャも用意されており、『荒野行動』にログインしたあと、ホーム画面に表示されるチャット「#アンブレラ社に貢献」と入力すると、60秒の制限時間内で、コラボガチャを無料で何度でも回せることが可能になる。期間は8月1日までだ。

 また『荒野行動ゲーム内で開催されるTwitterシェアイベントに参加すると、全プレイヤーに無料で「コラボガチャ5連」をプレゼントされるとのこと。

 今回の『バイオハザード』のコラボイベントは、8月12日(木)までとなっているので、忘れずに体験しておこう。

『荒野行動』公式サイト
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter @fukuyaman