サイバーコネクトツー7月29日(木)、同社が開発を手がけるドラマティックシミュレーションRPG『戦場のフーガを発売した。

 『戦場のフーガ』は、テイルコンチェルトSolatorobo それから CODA へ』といったイヌヒトやネコヒトが暮らす世界を描くリトルテイルブロンクス」シリーズの最新作。“戦争×復讐×ケモノテーマに、巨大戦車「タラニス」に乗った獣人の子どもたちが、家族や故郷を守るため侵略戦争を仕掛けるベルマン帝国に立ち向かう。

 本作の特徴は、ゲームの展開に沿ってストーリーや戦闘がタイムライン式に進行するルートシステム。止まったマスの内容に応じてバトルや探索、幕間のイベントなどが発生する。戦闘や各種行動を取る際にはそれぞれ一定のポイントを消費する必要があり、何を優先するべきかの判断が常に求められる。

 可愛らしい絵柄とは裏腹に、時に残酷な選択を迫られることも。子どもたちの命を犠牲に放つ兵器ソウルキャノンをはじめ、バトルや交流パートなどさまざまな場面で戦争の重みを描く注目のタイトルだ。

 またサイバーコネクトツーは、本作の実況配信や動画投稿に関するガイドラインも公開している。禁止事項に抵触しない限りは所属や収益の発生を問わず自由に楽しむことが認められているので、配信や投稿を検討されている方は事前に確認されるとよいだろう。

 『戦場のフーガ』はPS5PS4Nintendo SwitchXbox OneXbox Series X|S、PC(SteamEpic Games Store)向けにダウンロード専売の形で配信中。価格は通常版が4180円、特典が付いたデラックスエディションが6380円(各税込)となっている。

 なおPS Storeでの価格表示に誤りがあったことから、PS5PS4版の販売は一時停止されている。すでに購入された方には返金対応を行う旨が伝えられており、詳細については追って発表されるとのことだ。

ライターdashimaru

『戦場のフーガ』公式サイトはこちら『戦場のフーガ』公式Twitterはこちら
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter@dashimaruJP