もっと手取りを増やして余裕のある生活をしたい

求人サイトの運営などを手掛けるビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は7月28日「手取り15万円できついと思うことに関する意識調査」の結果を発表した。調査は6月~7月にネット上で実施し、手取り15万円の男女500人から回答を得た。

手取り15万円の生活できついと思うこと1位は「欲しいものを買えない」(124人)だった。「美容院に行けず、髪を自分で切っている」という回答も寄せられた。2位以降は「貯金ができない」(81人)、飲み会同窓会、家電の故障など「イレギュラーな出費への対応」(68人)、「生活費を払うと給料が残らない」(64人)、「常に予算を気にする」(38人)などが続いた。

「将来の生活にとても不安」「もっと手取りを増やして余裕のある生活をしたい」

理想の手取り額を聞くと、「~20万円」(145人)、「~25万円」(137人)、「~30万円」(141人)となり、平均27.9万円だった。

転職について、「転職活動中」(5.4%)、「考えている」(24.4%)、「少し考えている」(37.8%)と転職を検討している人は6割を超えた。理由として

「もっと手取りを増やして余裕のある生活をしたいため」(20代女性)
「手取りが低くて、家族を養っていけないから」(30代男性)
「現在の職場では賞与や昇給が見込めず、将来の生活にとても不安を感じているので」(40代男性)

などの回答が寄せられた。

手取り15万円の男女、6割以上が転職を検討 理想の手取り額は「27.9万円」