パブリッシャーAnnapurna Interactiveは、Giant Sparrowの開発したアドベンチャーゲームフィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』(What Remains of Edith Finch)のiOS版を現地時間8月16日に発売することを発表した。

(画像は『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』公式サイトより)

 『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』は2017年にPCとPS4リリースされた一人称視点アドベンチャーゲームで、のちにXboxNintendo Switchにも移植された。プレイヤーフィンチ家最後の生き残りとして、かつての自分の生家を探索しながら家族の死の謎を追う。

 フィンチの家には日記や手紙など、家族が生前に残した品物が置かれている。それらを見つけることで彼らの生前の生活と、その死について追体験できる。

 ゲーム中に登場する独白などの文章は字幕ではなく空間に浮かび上がるような演出が施されており、謎が謎を呼ぶストーリーとともにその芸術性の高い演出も国内外で高く評価された。

(画像は『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』公式サイトより)
(画像は『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』公式サイトより)
(画像は『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』公式サイトより)

 なお、記事執筆時点でiOS版のストアページが未公開のため対応言語は不明だが、これまでにリリースされた『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』は日本語に対応していたため、iOS版でも日本語字幕でプレイできることを期待したい。

『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』公式サイトはこちら
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。