河野太郎行政改革担当大臣・新型コロナウイルスワクチン接種担当大臣は、Twitterの新機能「Spaces(スペース)」を利用して7月30日19時からYOSHIKIさんと対談する。ハッシュタグは「#太郎とYoshikiの初スペース」。SpacesはiOS/Android端末から利用でき(ブラウザ版は現時点ではリスナーのみ)、ツイート(文字)から音声による会話へ、読むから聞くへ、Twitterサービス上で新たな体験を提供する。

画像付きの記事はこちら



 日常生活と新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策を両立する「新しい生活様式」として、日本国内でもイベント・セミナーなどオンラインで代替が可能な分野では、従来の対面・オフラインから、動画や音声、文字チャットなどに切り替える動きが目立つ。乱立するさまざまなオンラインサービスのうち、双方向の対話も可能な新たなコミュニケーションサービスとして、Instagramの動画や今回、河野大臣がトライするSpacesに注目だ。

7月30日19時から1時間、TwitterのSpacesで対談予定