ミストウォーカーの代表を務めるゲームクリエイター坂口博信氏は7月30日(金)、iOS向けRPGFANTASIAN(ファンタジアン)』について、後編が“ほぼ”完成したことを自身のTwitterアカウント@auuo)から伝えた。

 本作の前編はApple社によるゲームサブスクリプションサービス「Apple Arcade」の加入者向けに配信中。iPhoneのほか、iPadiPod touchMacApple TVへ対応している。

 『FANTASIAN』は、伝説的なRPGファイナルファンタジーシリーズの“生みの親”として知られる坂口氏がプロデューサーを務めた作品だ。本作は150個以上におよぶ実物のジオラマ模型を使った背景や、戦闘をスキップしつつも好きなタイミングで最大30匹までまとめて撃破できる「ディメンション・システムを特徴としている。

 また、BGMは坂口氏と同様に『ファイナルファンタジーシリーズの“音楽の基礎”を造りあげた植松伸夫氏が担当。壮大な物語を盛り上げている。

(画像はミストウォーカー公式サイトより)
(画像はミストウォーカー公式サイトより)

 2021年4月の前編リリース時には、前後編合計の所要プレイ時間が約40時間から60時間になることや、後編のゲームプレイ自由度の高いクエスト方式へ変わることが示されていた。なお、今回のツイート投稿は開発進捗をあらわすものであり、実際の配信時期やゲームプレイの詳細には言及されていない

 続報が気になる方は坂口氏やミストウォーカー公式のTwitterアカウント@mistwalkerjp)をフォローして続報を待ってみてほしい。

(画像は坂口博信氏のTwitterアカウント(@auuo)より)
ミストウォーカー公式Twitterアカウント(@mistwalkerjp)はこちら坂口博信氏のTwitterアカウント(@auuo)はこちら