若者言葉のひとつとして一般世間でも注目を集める「ギャル語」。かつてはテンションが上がった際に使う「あげぽよ」や「マジ卍まんじ)」、“パーティーピーポー”(パーティーが好きな人々)を略した「パリピ」などの言葉が流行した。

 とはいえ、若者たちのトレンドは移り変わりが激しいもの。気がつけば、彼女たちの会話の内容をまったく理解できないなんてことにもなりかねない。そこで、渋谷や新宿などに行くことが多いというギャルやキャバ嬢を中心に聞き込み調査を実施。最近よく使っている「ギャル語」を教えてもらった。

 悲しい気持ちを表すときに使うギャル語と言えば「ぴえん」。昨年あたりからメディアで取り上げられる機会も増え、知っている人も多いかもしれない。しかし現在は、そんな「ぴえん」の発展形が登場し始めているという。

◆Q.「ぴえん」の“発展形”とは?

 キャバ嬢の桜咲りおさん(Twitter@rioousaki)によれば、「会いたかった〜。ぴえん」のように、ギャルの間では「ぴえん」が定着しているそうだ。寿司職人・ハーフタレントの平山エリカさん(Twitter@Erika_Japan_)も「彼氏と別れるとか、ぴえん」という使用例を教えてくれた。

 しかし現在は、それだけではその悲しさを表現しきれないシチュエーションのときに用いる言葉がじわじわと広がりつつあるともいう。

 千葉県市川市にある飲食店「リバーサイドレストランBIBI」の経営者であり、現役ギャルの鈴木愛彬さんも、悲しすぎてつらい気持ちのときにその言葉でよく感情を表現するそう。

◆A.「ぴえん超えてぱおん」

 それは「ぱおん」だ。ぴえんと併せて「ぴえん超えてぱおん」のように使い、悲しみを表現する最上級の言葉という立ち位置なんだとか。

ぴえん」が小さい声で泣くイメージなのに対し、ゾウの鳴き声のような「ぱおん」は、大声で泣く様子も連想される。ギャル同士の会話では、「ぴえん」と「ぱおん」を使い分けることで、相手に悲しみの度合いを正確に伝えているのかもしれない。また、SNSでは「ぴえん超えてぱおん超えて〜」など、さらなるアレンジも見受けられる。その動向に注視したい。

<文/二階堂銀河(A4studio)、撮影/藤井厚年>

―[おじさんが知らない「ギャル語」辞典]―


悲しいときに「ぴえん」を使うと話す桜咲りおさん