2021年7月29日、卓球の水谷隼選手が所属するHLBスポーツ株式会社スタッフが、マスコミに対しある『お願い』をTwitterで発信。

その内容に、ファンから後押しする声が相次ぎました。

水谷隼の周辺で起きていた、過激取材

スタッフによると、一部のマスコミが、水谷選手の自宅周辺や実家などに対し、行きすぎた取材行為をしているといいます。

過度な取材行為により、本人だけでなく、家族や近隣住民の生活にも影響が出ているとか。

スタッフは、次のように呼びかけました。

メディアの皆様へのお願い】

いつも水谷隼を応援してくださり、ありがとうございます

現在、一部のマスコミによる自宅周辺や実家、親戚などへの行き過ぎた取材行為により、家族や近隣の方々の生活やプライバシーが害され、負担となっております。

本人や家族、親族及び関係者に対する突然の訪問や取材は、控えていただきますようお願いいたします。

今後、このような行為が見受けられた場合には、しかるべき措置を検討せざるを得ない状況になってしまいます。

みなさまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

取材のご依頼やお問い合わせについては、株式会社HLBスポーツまでお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

株式会社HLBスポーツ

@m_jun_staff ーより引用

改善されない場合には、過度な取材行為をしたマスコミに対し『しかるべき措置』を取ると説明。

それほど、本人や周囲が精神的な負担を感じているのでしょう。

スタッフの呼びかけに、多くの人が賛同しています。

・行きすぎた行動…。本人や周囲に配慮していただきたいものです。

・水谷選手は怒ったほうがいいのでは。やめてほしいですよね。

・こんな通達を出さないといけない状況が嘆かわしい…。

著名人だけでなく、その家族や近隣住民もプライバシーを尊重されなくてはなりません。相手の気持ちを考えられる社会になってほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@m_jun_staff