お笑いコンビバナナマンが、7月30日放送のラジオ番組「JUNK バナナマンバナナムーンGOLD」(TBSラジオ)を、新型コロナワクチンの副反応が出たため欠席。バナナマンの2人が揃って不在という、異例の「バナナムーン」生放送となった。

この日の番組冒頭、電話出演したバナナマン設楽統日村勇紀。設楽は「日村さんも僕も、実はスタジオにいないんですよ。実を言うと、ちょっと我々ですね、ワクチン2回目、昨日打ったら、副反応で熱が出ちゃったから、きょうもうTBSには行かないで、ってことになりまして。申し訳ない。ご迷惑おかけしますけども」「(バナナマンがいないバナナムーンは)緊急事態だよね。なんか熱出るとかよく聞いてたんだけどさ、大丈夫かな?と思ったわけ。なんだかんだ言って、大丈夫かなって。(でも)ちゃんと副反応って出るんだね」と状況を説明した。

日村は「(熱は)すごい出たよ、オレ。実はいまもちょっと(熱)あるんだけど」と明かすと、設楽も「オレも全然熱あるんだよね」と同じようで、設楽は「(ワクチンを)昨日打って、きょうの朝くらいからかな。昨日は大丈夫で。37度ちょっととかで、あれ熱出てきたなやっぱりなんつって、ずっと下がらなくて、いま(※30日25時頃)とか、38度何分とか」と話し、日村も「あー、それはきっついね、まだ38度あるんだ。オレはね、最大で39度ちょっと行って、いま37度台になったから、なんならちょっと楽になった感じというか」と、なかなか熱が下がらない、副反応の様子を語った。

なお、バナナマンが欠席したため、この日は放送作家のオークラ氏と、急遽呼ばれたお笑いトリオ東京03の飯塚悟志がピンチヒッターを務めた。