年収800~1000万円のリッチな独身生活

年収800~1000万円のリッチな独身生活

世帯年収800~1000万円の暮らしぶりは、家族構成によって大きく左右される。単身で同世帯年収を稼ぐ未婚のキャリコネニュース読者からは、

ローンやジム代などの固定費が月15万円。それ以外の食費などを含めた生活費は3万円程度。月に20~30万円ほど貯蓄・投資に回せている」(東京都/30代前半男性/IT・通信系/正社員/年収900万円)

という声が寄せられており、余裕がうかがえる。その一方、既婚者たちからは、今後の生活を見据えてか、

子どもが2人いる。夫の給料は生活費、妻の給料は貯金に回している」(東京都/30代後半女性/サービス系/正社員/世帯年収900万円)

という堅実な声が上がった。今回は、世帯年収800~1000万円のキャリコネニュース読者のリアルな生活感を紹介する。(文:福岡ちはや)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

子どもの教育のことも考えると、世帯年収1500万円は必要かな」

都内の30代前半男性(IT・通信系/正社員)は、年収850万円。独身の1人暮らしのため、「1食2万円程度の外食を楽しめ、欲しいものはそれなりに買える。贅沢な環境だと思う」と生活感を語った。

コロナで外出自粛の折に3Dプリンターを購入した。また、最近はカメラに手を出している。いろいろ挑戦できるのは、かなり恵まれている」

ただ、将来については不安もある。男性は「結婚して23区に家を買いたい。子どもの教育のことも考えると、世帯年収1500万円は必要かな」と理想のライフプランを明かした。

年収800~1000万円の1人暮らしなら、都内在住であってもかなりリッチな生活ができるようだ。まさに”独身貴族”といったところか。

「毎月5万円近く保育料がかかり、私のパート代の半分が消えてしまう」

一方、京都府に住む世帯年収900万円の40代後半女性は、3人の子どもを抱え、やりくりに苦戦している。

京都府は3人目の保育料を無料にしているが、うちは所得制限で無償の対象外。毎月5万円近く保育料がかかり、私のパート代の半分が消えてしまう。何のために働いているのか悲しくなる」

女性は「子育て支援とか良いことを言いながら、子だくさんの家庭に冷たい制度」と憤る。

「少子化の流れを改善しようという気はあるのか?怒りしかない。必死に働いても、次女の教育費がためられるか?子育てを終えたあと、老後の資金がなくなるのでは?と心配しかありません」

ほかにも、世帯年収800~1000万円の子持ち世帯からは、

「贅沢しているつもりはないが、貯金は年間40万円ほどしかできていない」(神奈川県/40代前半男性/子ども2人/その他/正社員/世帯年収950万円)

「夫と別居中。子どもが3人いるが離婚していないため、母子手当をもらえない。就学援助も対象外。ダブルワークをしないと生活できない。別居中の家庭にも支援がほしい」(千葉県/40代後半女性/その他/契約社員/年収1000万円)

という声が寄せられている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「夏のボーナスいくらですか?」などのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収400~600万円の生活感「小遣いは月3~5万円。休日のラーメンに1万円、タバコに1万円使ってへそくりができない」
「妻が専業主婦で働こうとしない。金銭的な余裕がありません」年収700万円の40代男性の本音

世帯年収850万円、30代男性「1食2万円程度の外食を楽しめる。ただ結婚するなら年収1500万円は必要」