57年ぶりの「東京オリンピック(五輪)」が始まっている。コロナ禍のために1年延期し、会場は無観客という状況のなか、2021年7月23日に開会式が無事行なわれ、大会が進行中だ。国内のテレビスポーツ紙などはオリンピック報道一色だが、アメリカメディアアメリカ人は五輪をどう見ているのか?

オリンピック
リオ五輪の閉会式にも登場したバッハ会長(代表撮影:雑誌協会)

開会式の視聴者数は過去33年で最下位

IOC国際オリンピック委員会)のトーマスバッハ会長の13分間ピーチは長すぎる」と日本で不評だった。

 五輪の独占放映権を持つ大手メディアNBCNational Broadcasting Company)」が開会式を放送した際、早朝の実況生中継では、バッハ会長のスピーチをそのまま放送した。

 しかし、夜の再放送では大会組織委員会・橋本聖子会長のスピーチは放送せず、バッハ会長のスピーチも5分間に短縮して放送していた。「視聴者チャンネルを変えないように」というNBCテレビの懸念と戦略があったのだろう。

 開会式の視聴者数は例年と比べ激減し、1670万人だった(NBCユニバーサルNBCUniversal調査)。NBC Olympics.comNBCスポーツアプリなどのプラットフォームすべてを含む視聴者1700万人で、この数字は、2016年リオデジャネイロ五輪開会式の視聴者2650万人と比べると37%減、2012年ロンドン五輪開会式の視聴者4070万人と比べると59%減。1988年ソウル五輪以来、過去33年で最下位となってしまった

開会式を観た一般視聴者の感想は?

オリンピック
開会式で印象的だったドローンパフォーマンス(代表撮影:雑誌協会)
 カリフォルニア州サンタバーバラでワイナリー「マージェラム・ワインカンパニー(Margerum Wine Company)」を営むダグラス・バーデン・マージュラム氏は「花の美しさが感じられる日本らしい演出や夜空に浮かんだドローンショーが素晴らしかった大坂なおみ選手が聖火点灯したのは感慨深かった」と語る。

 カリフォルニア州ロサンゼルス在住スペイン人作家のアルムデナ・ソラナ氏は「歌舞伎ジャズショーが和洋折衷でよかった1824台のドローンショーも素晴らしかった」と話す。

 カリフォルニア州レドンドビーチでシーフードマーケット「クオリティ・シーフード(Quality Seafood)」を営むジェフジョーンズ氏は「色々な要素が混ざっていて創造的だった。ピクトグラムも楽しく観たけど、特に感動したのは、日本的な音楽と踊り」と言う。

オリンピック
まだマシだった?開会式のピクトグラム(代表撮影:雑誌協会)
 カリフォルニア州サンディエゴにあるロースター兼カフェセブン・シーズ・ロースティング・カンパニーSeven Seas Roasting Co.)」のCEO(最高経営責任者)のエリック・ダブス氏は「1824台のドローンで地球の形にディスプレイしたショーが気に入った」と答える。

 フロリダ州マイアミ発アパレルブランド「シー・スター・ビーチウエア(Sea Star Beachwear)」のCEO(最高経営責任者)のリビー・フィッツジェラルド氏は「開会式で弊社のシューズを履いて出場したイギリスヴァージン諸島チームがいた関係もあり、各国チームの衣装が楽しめる入場行進を見るのが面白かった」と明かす。

 ソーシャルメディアTwitter」での反応を見てみると、「2020年東京五輪で、1800のドローンが光る地球儀を形作り始めている」と書いたendrikxjpさん(@Hendrikxjp、フォロワー数46人)の投稿に7136人の「いいね」がついている。その返信欄には「たった5分足らずのこれだけが開会式で最高に面白かったこと」ともあった。



 Meep@tracycheong3さん(@tracycheong3)は、「ピクトグラムが最高だった」とピクトグラムの演技が映っている画像とともに投稿している。



米国選手は「メダルよりメンタル面」が主流に

 NBCはもとより、各テレビニュース番組でも、連日、米国選手の競技やメダル獲得の様子を報道している。しかしここ数日は、体操女子のSimone Biles(シモーン・バイルス)選手がメンタル面を理由に27日に行われた決勝戦を棄権したニューストップになっている

 ABCテレビ2021年7月28日に放送されたニュース番組でも大きく報道し、「今後の個人競技も棄権するのか現在のところ分からない」とリポーターは話している。同番組のインタビューで、「USAトゥデイUSA Today)」のスポーツコラムニストクリスティン・ブレナン氏は「選手たちのメンタル面の問題は話をしているだけではなく、ムーブメント(運動)となっている」と答えている。

 テニス大坂なおみ選手がメンタル面の不調を告白し、2021年5月31日に全仏オープンを棄権した経緯もあり、現在、米国ではスポーツ選手のメンタル面を重視することへの理解が深まっており、バイルス選手が棄権した決断に対して理解を示す報道が目立っている。

世界で最も多くコロナのPCR検査してる場所?

 2021年7月28日放送のCBSテレビニュース番組のインタビューには、東京五輪IOCポークスマンのマークアダムス氏が登場。

 同氏は「28日、東京の新型コロナ感染者数は3,100人以上になったが、(東京の住民と)東京五輪の関係者とは接触がない。五輪選手村は世界で最も多くの新型コロナPCR検査をしている場所だ」と答えており、「コロナ封じ込め(バブル方式)」は徹底されていることを強調している。

 選手は毎日検査を受けることを規定しており、米国の馬術のローレン・ビリース選手は「1日に1回、PCR検査を受けている」とCBSテレビインタビューで答えている。一方、検査キットが足りず、選手村で予定されていた検査が行われなかったケースがあったことが、2021年7月23日の時点で各メディアでは報道されている。

五輪選手村の食事は金メダル級

 日本人の食生活は世界で最もレベルが高いことで知られているが、選手村の食事も然りという。2021年7月28日付けのFOXテレビの記事では、食べ物の動画をソーシャルメディアTikTok」に投稿している選手たちを紹介している。

 アイルランドラグビーハリーマクナルティ選手は、パスタ、ピザ、炒め物、日本食、ロティ、ヌードルハラールフルーツシリアルサンドウィッチ、グルテンフリー、ヴィ―ガンなどのコーナーが充実しているダイニングホール内の様子を投稿。

カマンベールチーズフライ春巻きラーメンが美味しい。餃子は世界一美味しい!」と感激して投稿しているのは、米国のラグビーのイローナ・マー選手。

 わざわざリオデジャネイロ五輪で食べた「焼きすぎで不味かった目玉焼き」の動画を投稿し、「リオデジャネイロ五輪の食事よりバラエティ豊かに揃っている」と喜んで投稿しているのは、オーストラリアテニスルーク・サビル選手。

 オーストラリアの水球女子のティリー・カーンズ選手は、いかにダイニングホールコロナ対策をきちんとしていて清潔で安全かを投稿している。

東京の猛暑、史上最も暑い大会と酷評

オリンピック

 2021年7月23日付け「ワシントンポスト(The Washington Post)」の記事には、「今年は32度以上の日が続き、史上最も暑い大会となるだろう」とある。

「屋外の競技は天候や気温にかかってくる。東京の夏は27度以上で湿度が高く快適とはいえない。1964年東京五輪の時は猛暑のために10月に延期したのにも関わらず、今回は従来の予定通りの7月に開催した。通常の開催の場合、マラソンなどの観客は50万~100万人。1000人に1人の割合で熱性疲労や熱中症で倒れる人が出る。しかし今年は不幸中の幸いで、コロナ禍のため無観客だから、その被害の心配はない」と予測している。

 2021年7月25日付け「ヤフースポーツYahoo! Sports)」の記事では、さらに厳しい見解がある。

 米国コラムニストのダン・ウェッツェル氏が「日本の五輪組織委員会は天候について嘘をついた。現在、選手たちがその犠牲になっている」「日本は屋外競技を行なうには適していない天候だと知っていたはずだ」と酷評している。

 ウェッツェル氏は続けて、「26日の朝、男子トライアスロンの決勝が終わった直後に、選手たちは熱中症で地面に倒れ、トレーナーたちは彼らを救援するために駆け寄り、トレーナーの肩に腕をかけて助けられている選手もいて、その場は戦場のようだった」。気温は29度、湿度は67.1%。早朝の6時半に時間を変更して暑さ対策をしたのにも関わらずの結果という。

 日本の猛暑について、テニスアナスタシア・パブリュチェンコワ選手は「暑さと湿気がキツイ」、ノバク・ジョコビッチ選手は「来日する前から猛暑のことは聞いていたけど、経験してみないと分からない厳しさだ」と述べている。

 五輪招致の際、日本の招致委員会は「暑さは弱く、晴れの日が多く、選手たちが最高の競技をするのに理想的な天候」と東京の夏の天候についてアピールしていたことについて、ウェッツェル氏は「暑さが弱い? 理想的? 7月の東京のココの話?」と記した。

世界のトヨタは米国ではCM解禁した

オリンピック
開会式の模様(代表撮影:雑誌協会)
 筆者はNBCテレビで開会式を視聴したが、選手団入場行進の最中に、テレビ画面が二つに分かれた。画面左側には選手たちが入場しているシーン、画面右側にはテレビCMコマーシャル)を流し、主要国以外の国の選手たちが小さく扱われ、視聴者によっては「差別的な待遇」と感じた人もいたのではないか?

 日本ではコマーシャルを控えた「Toyotaトヨタ)」が米国内ではコマーシャルを流しており、「世界のトヨタ」を示し、コカ・コーラスターバックスなど、メジャーな米国ブランドコマーシャルとともに流れていた。



 2020年東京五輪は誰のための開催なのか? 前出のシモーン・バイルス選手をはじめ、五輪選手たちは自問しているかもしれない。 

 国民の多くが開催を反対している状況で、コロナ禍無観客、しかも猛暑のなか開催している日本。しかし、選手たちは4年以上のトレーニングを積み、夢の五輪で頑張って競技に臨んでいる。8月8日の閉会式まで、なんとか無事に開催されることを期待したい。

 NBCテレビでは連日、東京から中継で日本の食べ物や文化を紹介している。2021年7月27日放送のテレビニュース番組では、焼きそばパンや納豆などをニュースキャスターたちが試食して、「美味しい」と紹介している

 こういう小さな報道をきっかけに、米国内で日本のメジャーではない食べ物や文化に興味を持ってくれる人たちが増えるだろう。東京五輪の開催の意義や精神が、よい方向へ向かっていくことも期待したい。

TEXT/藤本庸子 Yoko Fujimoto>

【藤本庸子】

米国カリフォルニア州ロサンゼルス32年在住のフリーランスライター。雑誌「アンアンanan)」「メンズクラブ(MEN'S CLUB)」などのライターを経て、米国へ移住。米国起業家向け雑誌トップの「Entrepreneur Magazine」にてスタッフライターNHKラジオ第一放送「ラジオ深夜便ワールドネットワークにてリポーターの経験も。現在、新聞、雑誌、ウエブサイト、ラジオテレビなど、さまざまな分野および媒体をこなす

まだマシだった?開会式のピクトグラム(代表撮影:雑誌協会)