今年2021年に40周年を迎えた「ガリガリ君」は、子供から大人にまで愛され、いまや知らない人はいないというほどの人気商品です。

 けれど過去には、ガリガリ君キャラクターへのネガティブイメージが発覚したり、ナポリタン味で約3億円もの損失を出してしまったりしたこともあると言います。

 それでも、遊び心や消費者との接点を大切にして、いまの地位を築いた。そんな「ガリガリ君」の商品開発の裏側に迫るべく、赤城乳業株式会社の開発マーケティング本部 マーケティング部 マーケティングチームの岡本秀幸係長にお話を聞きました。

赤城乳業
今回お話を聞いた岡本さん。「食べたい味の希望や、食べた感想があれば、ぜひ情報発信いただけたら嬉しいです」

片手で食べられるかき氷

赤城乳業
本庄工場外観
 岡本さんは「子供たちが、外で遊びながら片手で食べられるかき氷テーマに開発したのがガリガリ君です」と語ります。確かに、カップかき氷だと「片方はカップ、片方はスプーン」を持たないといけないので、遊びながら食べるのは難しそうです。

「開発当初はかき氷を固めただけの商品でしたが、溶けや崩れなどの課題があり、外側をアイスキャンディーでコーティングするという製法で完成したのが、今のガリガリ君です。ただ、消費者調査で、ガリガリ君へのネガティブイメージがあることがわかって、キャラクターデザインを一新したこともありました。ちょうど、2000年です

 でも、TVCMイベントサンプリングなどの活動をしたことで、お客様との接点やガリガリ君を食べていただく機会が増えるなど、よいこともたくさんありました」

いくら丼アイスやラーメンアイスを発売したことも

赤城乳業
1981年に発売されたガリガリ君ソーダ
 また、赤城乳業といえば、「あそびましょ。」のスローガンも有名です。

「競合メーカーでは菓子や乳業など食品事業を幅広く展開していましたが、創業時の赤城乳業は“乳業”とついているものの、乳業の仕事はありませんでした。そこで、同じ土俵で戦うのではなく、いくら丼アイスラーメンアイスなど、話題を作る、ワクワクする商品を発売してきました。そして大切にしてきた“あそび心”を、お客様目線でわかりやすく、楽しく伝えるため、2006年スローガンを『あそびましょ。』に設定しました」

赤城乳業
左から、イクラ丼アイスラーメンアイス

ナポリタン味の失敗で3億円赤字にも

 またコンポタやナポリタン、梅など、バラエティ豊富な味があります。

ガリガリ君は1人で食べるご褒美的な存在よりも、学校帰りにコンビニの前で食べた記憶など、複数人でワイワイ楽しむアイス。いわばガリガリ君は『コミュニケーションツール』だと考えていますガリガリ君の新しい味を見て、買って、食べて、ワクワクし、会話が生まれ、楽しい時間を過ごしてもらえるよう、作り手である我々も熱量がお客様に届くようにワクワクしながら開発に取り組んでおります」

 しかし、なかには失敗して3億円もの赤字を出してしまった味もあるそうです。それは、2014年3月に発売した「ナポリタン味」だと岡本さんは明かします

コーンポタージュの勢いとナポリタンブームの流れに身を任せ、なぜかナポリタンを忠実にアイスで再現するという間違った方向性で、ピーマンの香りやパスタの食感をゼリーで再現するなどのこだわりを追求した結果、アイスとして美味しいことを忘れてしまいました」

 しかし、その失敗を、次の商品に活かすことも忘れていません。

「反省を生かすべく、アイスで美味しいこと。これは忘れてはいけないと肝に銘じました。その後、チャレンジしたフレーバーとして、メロンパンや温泉まんじゅうグリーンスムージーなどありましたが、やはり途中でたまご焼き味を発売してしまうなど、反省を生かしきれないことも稀にございます

オイルショックがガリガリ君を生んだ

赤城乳業
1970年代赤城しぐれ
赤城乳業
現在の赤城しぐれ
 赤城乳業1961年に創設し、今年で60年を迎えた。ここに至るまではさまざまな苦労や挫折もあったと言います。

「もともとの氷販売で培った冷凍技術を生かしてアイスクリーム販売に取り組み始めましたが、当時は乳製品を手掛けていなかったので、カップ入りかき氷『赤城しぐれ』を発売しました。赤城乳業の看板商品となった赤城しぐれですが、オイルショックのときに30円から50円に値上げしたところ、他社が値上げをしなかったこともあり、売上を落としてピンチになりました

 ピンチになった赤城乳業が、打開策としては1981年に発売したのが、ガリガリ君でした。以来、25年にわたって希望小売価格60円を維持し続けてきました。

「そのため、ガリガリ君の値上げを2016年に行いましたが、他社が2015年に値上げをするまでは耐え続けてきた、という背景がございます。値上げは苦肉の選択でしたが、お客様からの温かいお言葉を多数いただき、感謝の気持ちと誠心誠意、またお客様に楽しんでいただける商品を販売していこうと強く思いました」

40年ものあいだ愛されるワケ

 ガリガリ君が40年間もの長いあいだ、愛され続けている理由を岡本さんはこう振り返ります。

「子供たちの噛む力が弱くなっているという話を受けて、2002年に氷の粒の大きさを少し細かくするなどありましたが、『ガリガリ君ソーダ思い出とともに振り返ったとき、小さい頃に食べた当時の気持ちに戻れる』ことを大切に守りながら試行錯誤しています。また、数々の新商品を発売することでワクワク・楽しさ・話題を発信し続けてきたことが、愛されている秘訣なのかもしれません」

 また長く愛されるために、工夫や忘れないようにしていることもあると言います。

ガリガリ君はみんなでワイワイ楽しむコミュニケーションツール。そのような存在であり続けられるよう、決して上から目線ではなく、あるときはいじられる存在でありながらイベントでのサンプリングなどリアルの場でお客様と触れ合うことを大切にしています」

40周年を記念して新たな味を発売

 40周年を迎えて、第1弾の味は「ジンジャーエール」と「レモンスカッシュ」を2021年1月19日より全国発売しています。これからの意気込みや目標、目指していることは?

赤城乳業
ガリガリ君レモンスカッシュ
ガリガリ君は現在年間販売本数が約4億本です。過去最高は2013年の4億7500万本なので、過去最高を更新する5億本を目指して、さらにお客様へ愛される商品になれるよう新商品開発やプロモーション活動に取り組んでまいります。

 ジンジャーエール味は、ガリガリ君で実は発売してこなかった味でした。定番のソーダコーラがある中で、食べてみたいとの声が多くあった味ですジンジャーエールシャンパンに魅了されて開発されたという話も見聞きする中で、40周年第1弾としてココロが躍るような新しい味を開発したいという想いのもと、選びました。

 レモンスカッシュは同じ炭酸飲料の味わいで、ジンジャーエールが苦手な方にも食べていただける味として、同時発売しました」

ガリガリ君の中でも果汁多めなのは?

 ちなみに会社としてのイチオシの味を聞いてみると、「毎年発売されている味ですと、ソーダ、梨、九州みかんですね」と回答。

「梨はシャクシャクとした食感を細かな氷の粒で再現した商品で、夏の定番となっています。九州みかん2017年から毎年発売している商品で、70円のガリガリ君の中でも果汁を7%と他よりも多く使用しているこだわりの商品です

 では、岡本さん自身のイチオシは?

「個人的には、コーンポタージュ味ですが、残念ながら今は発売していません。季節ものだと、果汁33%使用の『大人なガリガリ君ゴールデンパイン』ですね。大人なガリガリ君シリーズは高果汁でジェラートのような味わいをお楽しみいただける商品です。とってもジューシーで美味しいです」

ガリガリ君以外におすすめの氷菓は?

 ガリガリ君以外で、赤城乳業イチオシの氷菓についても聞いてみました。

ガリガリ君以外でイチオシの氷菓は、『ガツン、とみかん』ですみかん果肉がふんだんに詰まったアイスキャンディーで、とてもジューシーです。冷凍みかんのような、どこか懐かしい美味しさもクセになります」

赤城乳業
赤城乳業の「ガツン、とみかん
赤城乳業株式会社」の「赤城」は、関東にある裾野がとても広い「赤城山」の姿を、「多くのお客様から愛される会社へ」という願いと重ね合わせたものなのだそう。願いのままに、老若男女問わず愛される「ガリガリ君」。

 けれどその裏側には、「遊び心」を忘れないポジティブな姿勢と大変な企業努力がありました。むせかえるような暑い日が続く夏、ガリガリ君を食べながら、ギュっと詰め込まれた遊び心とポジティブな発想を楽しんでみてはいかがでしょうか。

赤城乳業
赤城乳業本社
<取材・文/山内良子 画像提供/赤城乳業株式会社

【山内良子】

フリーライター。おいしいものや楽しいこと、旅行が大好き! ライフ系や節約、歴史や日本文化を中心に、取材や経営者向けの記事も執筆。金融会社での勤務経験や接客改善業務での経験を活かした記事も得意です

ガリガリ君ソーダ40周年パッケージ