◆身の危険があり帰国できずにいるが、難民申請は認められない

 7月16日、港区虎ノ門にあるナイジェリア大使館前で「ビアフラ」という地域の出身者による抗議行動が行われた。東京をはじめ、大阪、愛知、神奈川など、日本各地から100人以上が梅雨明けの炎天下に集まった。

 日本人配偶者がいてビザのある人もいるが、中には難民申請中で仮放免の立場に置かれている人たちも参加していた。

ナイジェリアでは、ビアフラの人々が日々殺されています。その方法は残酷で、目を潰したり、両手を切り落としたり。ひどい殺され方をしています」

 怒りの混じった表情でそう話してくれたのは、この行動に参加していたエリザベスさんという女性だ。彼女はビアフラ出身で、1991年に来日した。長年日本に暮らしているがいまだに難民として認められず、一切の在留資格を与えてもらえていない。

 彼女は身の危険があるナイジェリアに帰ることができず、保険も就労資格もない仮放免の状態のまま苦しい生活を強いられている。過去には出入国在留管理庁(入管)の、処遇が劣悪な収容施設に2度も収容されていた苦い経験も持っている。

 彼女は普段、ボランティアをしている。入管収容施設にたびたび足を運んでは、被収容者に面会して励ましたり、入管に難民の権利を訴えたりと、ほぼ毎日のように活動している。今年4月に入管法改正案が衆議院で審議入りとなった時にも、多くの支援者とともに廃案を求めて国会前でシット・イン(座り込み)を何日も続けていた。

ナイジェリアの「ビアフラ戦争」の問題はまだ終わっていない

 今回の大使館前の抗議行動は、ほんどが男性の参加者ばかりだったが、彼女は中心メンバーの1人として母国の平和のために声をあげ続けた。

 発端はビアフラ戦争から始まった。ビアフラ戦争とは1967年7月から1970年1月までナイジェリア国内で起きた内戦だ。東部州軍政知事のオドメグ・オジュク氏が「ビアフラ共和国」として分離・独立を宣言して戦争が始まり、ビアフラ側の敗北に終わった。オジュク氏は海外に亡命、200万~300万人の死傷者・餓死者が出た。

 この内戦は50年前に終結したように思われているが、実はこの問題は終結していない。ビアフラの人々に対するナイジェリア政府の迫害は、現在も続いているのだ。ナイジェリアがビアフラの独立を抑えようとする大きな要因は、南東部に位置するビアフラの土地は石油埋蔵量が豊富であるからだと言われている。

「ボコ・ハラム」などの武装勢力も現れて、ナイジェリア国内はさらなる混沌をひき起こしている。村や学校を襲撃しては虐殺を行ったり、生徒を誘拐したりといった残虐な行いを繰り返している。

 大使館前のデモに参加した人々は口々に説明してくれた。
「子供だって容赦してくれません。妊婦すら胎児ごと殺されてしまうなど、罪のない人たちが苦しめられています」

「政府はボコ・ハラムなどの武装勢力にお金を渡して、ビアフラの人たちを殺すように煽っているのです」

「日本で暮らしていて、ビザのある人は里帰りすることもできます。それでも、あまりの治安の悪さから危険を伴います」


◆ビアフラ民族組織の指導者をナイジェリア政府が拘束

 今年6月、平和的な住民投票によるビアフラ分離独立を目指す民族組織「IPOB」(ビアフラ先住民族)指導者のンナムディ・カヌ氏が、ナイジェリア政府に拘束された。カヌ氏自身はイギリス国籍だが、ケニアに滞在中、ナイジェリア政府がケニア政府にカヌ氏の身柄引き渡しを要求したため、6月18日ケニアの秘密警察に空港で拘束され、6月27日ナイジェリアに強制送還された。

 その処遇は決して良いものではなく、健康状態も良くないという。「命すら危うい可能性もある」と参加者たちは危惧している。今回の行動は、カヌ氏の解放を求めるための抗議行動でもあった。そんな経緯から、この日はナイジェリア大使館だけでなくイギリス大使館、ケニア大使館にも足を運ぶ予定になっていた。

 ナイジェリア大使館前では職員が外に出てきて、参加者の前で要求が書かれた申し入れ書を受け取り、「上の者に必ず伝える」と全員に伝わるように答えた。誠実な態度だった。参加者の話によると、「あの職員もビアフラ出身」なのだそうだ。

イギリス大使館、ケニア大使館にも申し入れ

 次に、千代田区にあるイギリス大使館まで電車で移動した。イギリス大使館はなぜか警察の警備が非常に厳しく、100人以上の参加者を大使館とは反対側の歩道に立たせ、代表者5名までしか大使館前まで行くのは許さないと告げられた。

 ナイジェリア大使館とは違ってイギリス大使館の職員は出てくる意思がなく、「警備員が代わりに申し入れ書を受け取る」と言ってきた。そのことで参加者たちは怒り出した。警察官と言い合いになり、反対側の歩道で待機していた人たちもガードレールを乗り越えて道路を渡り、大使館に向かってこようとした。

 警察官の数も増えていき、緊迫した状態がしばらく続いた。参加者たちはイギリス国籍であるカヌ氏を助けるために協力してほしい」と、抗議というよりも「嘆願」に来ていただけだっだ。代表たちはイギリス大使館の職員が直接、手紙を受け取ってくれるまでは帰らない」と、強い姿勢を見せた。

 そもそもナイジェリアの民族紛争には、イギリス植民地支配が大きく影響している。それぞれ独自の文化を持っていた民族グループが、1870年代以降のイギリスによる植民地化で1つにまとめられた。そして1950~1960年代にアフリカ諸国が次々と独立した時、そこに住む人々の民族的・文化的な背景は考慮されることなく、イギリスの都合で国境が引かれてしまったのだ。

 参加者に対してイライラしていた警察たちも、だんだんと参加者たちの気持ちを汲み取るようになった。「大使館の人さえ出てくれば済む話なのに」と同調してくれるようになり、緊張していた場が少しずつ緩んできた。

 最終的には職員が直接、参加者に申し入れ書を受け取ることを了承し、この場は無事に終わることができた。参加者たちは警察に何度もありがとうございましたとお礼を言い、警察側も「よかったね、よかったね」と優しい言葉を彼らにかけた。

 最終地点はケニア大使館。住宅街にあるため、近隣に迷惑をかけないように代表の数人のみ行くことになり、ここでいったん解散となった。炎天下の中を移動して何時間も立ち続け、誰もがかなりの消耗をしたことだろう。ゆっくり休んでもらいたい。

 日本からするとナイジェリアの紛争は、海をはるか越えた遠いできごとのように感じるかもしれない。それでもエリザベスさんは、「たくさんの人たちが殺されている。多くの日本人にも、この問題を知られてほしい」と切実に語る。

 エリザベスさんやビアフラの人々が願う独立や平和は、いつかなうのだろうか。日本人の関心が高まることを願ってやまない。

文・写真/織田朝日

【織田朝日】
おだあさひTwitter ID:@freeasahi外国人支援団体「編む夢企画」主宰。著書に『となりの難民――日本が認めない99%の人たちのSOS』(旬報社)など。入管収容所の実態をマンガで描いた『ある日の入管』(扶桑社)2月28日に上梓。

母国の内戦状態に胸を痛め、虐殺をやめるよう訴えるエリザベスさん