クルマをあだ名で呼ぶのは日本だけじゃなかった! 「爆弾」「宇宙船」「ゴジラ」などビックリ愛称のクルマ5選

あだ名が付くくらいインパクト抜群だった名車を振り返る

ダルマセリカや「ケンメリ」スカイラインなど、かつてのクルマニックネームで呼ばれることもあった。デザインが個性的だったことに加えて、クルマに夢中になっていた人が多かった証かもしれない。それは日本に限った話ではなく、海外でもニックネームを与えられるクルマはあった。

1)シトロエンDS

 まずは現在のDSブランドの精神的ルーツでもある1955年デビューシトロエンDS。こちらは「宇宙船」と呼ばれた。同じ年に日本で生まれたのが初代クラウンということを考えれば、いかに当時のカーデザインからかけ離れていたかがわかるだろう。

シトロエンDS全体

 ハイドロニューマチック・サスペンションによる乗り心地もまた、地上を走っているとは思えなかった。

2)アバルト595

 現在のアバルトのルーツとなる、1963年登場の先代アバルト595には、「小さな爆弾」という愛称が与えられた。ベースとなったフィアット500499.5cc/17.5馬力だったのに対し、594ccから27馬力を発生。

アバルト595走り

 高性能版の595SS、排気量を上げた695/695SSとともに、ツーリングカーレースの小排気量クラスで暴れ回ったのだった。

モンスターマシンはあだ名もモンスターだった!

3)ポルシェ930ターボ

「ウィドウ(寡婦)メーカー」という物騒な名前で呼ばれたのは、1975年ポルシェ911に追加された930ターボターボエンジンによる異次元の加速感にリヤエンジンのシビアなハンドリングの組み合わせで、扱いを間違えば死に至る可能性があることを示していた。

ポルシェ930ターボ全体

 その後も911GT2RSなど、ターボRRの高性能版にはこの言葉が授けられることがある。

4)アルファ・ロメオ SZ

 1989年に発表されたザガート・デザインアルファ・ロメオスポーツカーSZについては、以前もアクの強いスタイリングを取り上げたことがあるけれど、生まれ故郷のイタリアでも同じ印象だったようで、「イル・モストロ(怪物)」と呼ばれた。

アルファ・ロメオ SZ全体

じつは時代の数歩先を見つめたデザインで、現在のほうがしっくりくる形であることは、以前のコラムで書いたとおりだ。

5)日産GT-R

 現在の和製スーパースポーツの代表格である日産GT-Rもまた、海外では驚異的な存在に映ったようで、デビューの少し前にアメリカで制作公開された「ゴジラ」に例えられた。欧米のスポーツカーとは異なるスタイリングだけでなく、ツインターボ4WDというハイテクからも、そういう印象を受けたのだろう。

R35GT-R走り

 でもニックネームで呼ばれるというのは、個性が認められた証拠でもあるわけで、やはりGT-R日本人が誇るべきスポーツカーの1台だと教えられる。

クルマをあだ名で呼ぶのは日本だけじゃなかった! 「爆弾」「宇宙船」「ゴジラ」などビックリ愛称のクルマ5選