これからの時期、気を付けなければならない「脱水症」。でも、本当に深刻な脱水状態を経験したことのない人にとって、その恐ろしさはいまひとつピンとこない。

 脱水症は何が恐いのか、放置するとどうなるのか……。

 あらためて知識を身に付けておきましょう。

近年の日本を襲う「殺人的な暑さ」

 近年の日本の夏は、まさに「殺人的な暑さ」だ。何の対策もせずに街なかをほっつき歩いていたら、あるいはたとえ室内にいてもエアコンを使わずに過ごしていれば、何らかの体調不良を招くことになる。そのベースにあるのが脱水症だ。

「暑いところにいれば人は汗をかきますが、それが長時間続いて脱水症になると、今度は汗さえ出なくなります。口の中も乾いて、血圧も下降傾向になるので、気力が低下して眠くなってくる。これらは危険な兆候です。ただ、高齢者の場合はこうした“症状”が出てもあまり気にならないことが多いので、危険なサインを見落とすリスクが高いのです」

 そう語るのは三好クリニック(東京・港区)院長で循環器内科医の三好俊一郎医師。

見逃せない「危険のサイン」は…

 三好医師によると、短期的な脱水であれば、適度な水分補給で回復するので、すぐに体に深刻なダメージが及ぶことは考えにくいが、発汗が止まって体温が上昇し始めると、熱中症で死に至ることがあるので要注意とのこと。「暑いのに汗が出ない」というのは、かなり危険な状況、ということなのだ。

 もう一つ、脱水状態を客観的に把握できる指標がある。「尿の色」だ。

 尿の色が透明、あるいは限りなく透明に近い黄色ならとりあえず心配ないが、黄色が濃くなるにつれて危険度も高まる。

 血液は腎臓で濾過され、不要な成分は尿に振り分けられる。ここで作られる原尿、つまり“尿の元”には、ミネラル、尿素、糖などが含まれている。しかし、この原尿はそのまま排泄されない。原尿に含まれる塩分や糖、アミノ酸など、体が「不足している」と判断した成分は、腎臓の中の尿細管というチューブ状の器官で吸収され、本当に不要な成分のみが尿として捨てられる。つまり原尿は「部品取り」にも利用されているのだ。

尿の色はなぜ変わる?

 この時、体が「水分不足」と判断すれば、原尿の水分も吸収されて再利用される。これを「尿中の水分再吸収」と呼ぶが、脱水で体内の水分量が減ると、この「尿中の水分再吸収」が激しくなる。その結果、尿中に含まれるウロビリノーゲンという色素の濃度が高まり、尿が黄色くなっていく。

 ウロビリノーゲンとは赤血球に含まれるヘモグロビンという酸素を運ぶタンパク質のなれの果て。本来は無色だが、酸化すると黄色くなる。これは再利用されないので尿によって排出される。少ない尿量の中でウロビリノーゲンの濃度が高まれば、尿の色は濃くなっていくのだ。

「暑い日に運動や屋外労働で汗をかいた後の排尿時に、普段より明らかに色の濃い尿を見た経験を持つ人はいると思いますが、あれはまさに脱水症状を示す兆候なので、急いで水分を補給してほしい」(三好医師、以下同)

脱水状態が長く続くと身体に何が起こるのか

 こうした脱水状態が1日以上の長期間にわたって続くと、血液中の水分量が減ってドロドロになっていく。流れが悪くなって心筋梗塞脳梗塞、下肢静脈瘤などの「血栓塞栓症状」や、腎臓への血流低下から生じる腎不全を引き起こす危険性が高まる。

 しかし三好医師によれば、現代の日本でこうした事態を招くケースは限定的だという。

「災害や山岳事故などで孤立して長時間にわたって水が飲めないような極端な状況なら考えられますが、そうでなければあまり現実的ではない。ただ、日頃から利尿剤を服用している人や、慢性的な下痢症状が続いている人は、薬の作用や症状が“長期的な脱水状態”と同じ状況を作り出すことがあるので、注意が必要です」

「水分補給」は大切だが、飲み方を間違えると逆効果に

 すでに触れたとおり、短期的な脱水であれば、すぐに水分補給をすることで危険を回避することができる。しかし、日本の酷暑はヤワじゃない。

「極端に気温が高い状況に身を置いていると“中心体温”が上昇して、細胞維持機能が停止してしまうことがある。具体的には体温が42度を超えると、全身の細胞が死滅し始める――と考えていいでしょう。当然、生命にも危険が及びます」

 こうした事態を防ぐには、「こまめな水分補給」以外に有効な対策はない。

 とはいえ、闇雲に大量の水を飲めばいい、というものでもないようだ。

「1日あたり2リットルを超える水を飲むのはスポーツ選手や屋外で働く人は別として過剰摂取といえるでしょう。特に短時間に大量の水を飲むと、体が『いまは水分を必要としない』と判断し、本当は必要な水分まで尿にして排泄してしまうのです。また心筋梗塞や心筋症、心房細動など慢性の心不全の治療を受けている人、あるいは利尿剤を服用中の人は、水分摂取量に制限があるので、医師の指示を厳守してください」

分補給の目安は…

 では、それ以外の健康な人は、どのようにして水分補給するべきなのか。三好医師が推奨するのは、先にも触れた「尿の色」を目安にする方法だ。

「尿の色が透明、もしくは透明に近い色であれば、水分補給はうまく行っていると考えていいでしょう。反対にはっきりした黄色、濃い黄色の尿が出るようなら、積極的な水分補給を心がけてほしい」

 ちなみに、水分補給というとスポーツ飲料を思い浮かべるが、これらの中には糖分がたっぷり含まれているものもある。水分と一緒に糖分を過剰に補給してしまう危険性があるので、血糖値の高い人は注意を要する。緊急事態でなければ水や麦茶でも十分だし、どうしてもスポーツドリンクを飲みたいなら水で薄めて飲むという手もある。

 梅雨明けから脱水のリスクは急速に高まる。

 くれぐれもお気を付けください。

(長田 昭二)

©iStock.com