細田守監督のアニメ映画竜とそばかすの姫」が公開され、公開から3日間で約9億円の興行収入を記録しました。同作のポイントの一つは、主演声優にアーティストの中村佳穂さんを起用し、佐藤健さんや役所広司さん、染谷将太さんらの俳優陣をメインに起用したこと、いわば専門の声優がキャストの中心にいないことでした。本稿では本職の声優が少なかった背景を考えてみます。

竜とそばかすの姫」とは

 同作の舞台は、自然豊かな高知の田舎と、50億人以上が利用するインターネットの仮想世界「U(ユー)」の二つを軸に展開されます。母を事故で失い、大好きな歌を歌えなくなった17歳女子高校生・内藤鈴(すず)は、Uにキャラクター「ベル」として参加。Uでは歌えるベル(すず)は人気者になり、コンサートを開催します。

 ところが、謎の存在「竜」が乱入。ベルは竜が抱える傷の秘密を知りたいと考え、竜もベルに少しずつ心を開いていくのですが、竜の正体探しが始まり、Uと現実世界の両方で誹謗(ひぼう)中傷があふれる……という内容です。

 公開後に、さまざまな考察記事が出ていますが、圧倒的な仮想世界の壮大かつ緻密(ちみつ)な描写に注目が集まっているようです。内容について厳しい意見もあるようですが、作品は批評されるもので、批判はつきもの。批判自体が健全の証(あかし)ともいえます。

 個人的には、終盤の展開に意見こそあれ、インターネットでの誹謗中傷問題を取り上げ、炎上や身バレネットで隠していた正体がばれること)の恐ろしさも巧みに表現されており、鑑賞する側が恥ずかしく(かつ応援したく)なるボーイ・ミーツ・ガールシーンが印象的でした。エンターテイメント作品としては、再度鑑賞したい一作です。

キャスト発表時にあった本職声優が出ないことへの“拒否反応”

 その中で公開前から気になっていたことがあります。中村さんの主演声優起用の発表時からみかけた、メインで本職の声優を起用しないことへの“拒否反応”です。

 作品を鑑賞して感じたのは、「歌姫」の説得力を出すために中村さん、力のあるアーティストの起用が必須だったことです。本職だけに迫力満点で、オペラ的な演出も生きていました。

 ベルが仮想世界を魅了する歌姫であることにわずかでも疑念や違和感を持たれたら、この作品は成り立ちません。アニメの中には歌パートアーティストキャラクターの声を声優が担当するキャスティングもあるわけですが、やれるものなら一人でやる方がより自然です。その意味で、中村さんの起用は、「正しい」判断だったと思います。

宮崎駿が漏らした「存在感のなさ」への不満

 こうした専門職以外の声優を積極的に起用する流れは、ライト層も意識したオリジナルの大作アニメ映画では「当たり前」になってきつつあります。木村拓哉さんと倍賞千恵子さんの「ハウルの動く城」などジブリ映画は有名ですが、俳優の醍醐虎汰朗さんが主人公森七菜さんがヒロインの声を担当した「天気の子」もそうです。

ジブリの教科書 となりのトトロ」(文藝春秋)には、コピーライター糸井重里さんと宮崎駿さんの対談があります。

〈宮崎 映画は実際時間のないところで作りますから、声優さんの器用さに頼っているんです。でもやっぱり、どこか欲求不満みたいになるときがある。存在感のなさみたいなところにね。特に女の子の声なんかみたいな「わたしかわいいでしょ」みたいな声を出すでしょ。あれがたまらんのですよ。何とかしたいといつも思っている。 〉

表現者としての総合力が求められる時代へ

アニメは声優に任せるべき」という声は理解できます。実際、宮崎さんのこの言葉を受けた糸井さんが「逆にぼくらアニメってああじゃないといけないのかなっていうふうに思っていたんですよね」と答えつつ、ある程度過剰な演技でないと視聴者にうまく伝わらない……と指摘しています。微妙なバランスをとるのがその道のプロです。「専門の声優に」という声は、当然の意見であるともいえるでしょう。

 ただ、近年の声優人気によって、声優にはアーティストとしてデビューし、ドラマにも演者として起用され、マルチに活躍することも求められるようになっています。声優がアニメ以外で活躍するのに、「でもアニメは何が何でも声優に」と言うのは、ダブルスタンダード(二重基準)のように思えるのです。

演技を見る前からダメ出しをするのはフェアなのか

 コンテンツ制作側が「アニメに俳優を起用する」「ドラマに声優を起用する」というのも、批判を承知しての決断です。そこに人気を織り込んでの起用もあるでしょうが、コンテンツ制作はビジネスでもあります。「内容が良いからみんなが見てくれる」という“甘えの発想”はありません。そして公開されたコンテンツに対して、ファンが批判するのは自由ですが、演技を見る前からダメ出しをするのはフェアとはいえない気がします。

 現代は、いわば表現者としての総合力が求められています。多くのクリエーターたちから「あなたともう一度仕事がしたい」と思ってもらえるか、「この人でないとダメ」というものがあるのか。映画やテレビアニメドラマの映像コンテンツは、俳優も声優も関係なく、もうフラットに戦う時代が来たのです。そのことは視聴者側の人ほど、かえって実感していることではないでしょうか。

 表現者としての総合力が求められる以上、作品の目指す方向性によっては、今回のように主演声優にアーティストを起用するなど、配役のバランスを考えることもあるでしょう。

 コンテンツの「イス取り合戦」は厳しく、俳優もタレントも声優も「表現者」であり、有能な人ほど「良いイス」を取り続けるわけです。「竜とそばかすの姫」に“本職”の声優が少ないことも、そうした“役者”として求められることがあり、競争が激しくなっていることの裏返しになっているのです。

(河村 鳴紘)

「竜とそばかすの姫」公式HPより