マニアックな車種の宝庫! 「マイアミバイス」がクルマ好きの心に刺さりまくりだった

ケーブルテレビで視聴が可能

 筆者がケーブルテレビで視聴している、“AXNチャンネルで(月~金曜日)夕方5時より“MIAMI VICE(マイアミバイス)”の放映が始まった(7月19日からスタートでなんと毎日2話放映)。マイアミバイスはそもそも、80年代アメリカNBC制作による、当時では最高にお洒落刑事ドラマとしてアメリカで大ヒットしたあと、1986年よりテレビ東京系列で日本でも放映されていた(火曜午後9時)。当時大学生だった筆者は、たまたま乗った路線バス車内にいた、数人の女子高生が「マイアミバイスって、すごくお洒落で格好いいんでしょ」という話を聞いて、その存在を知り、見るようになり、すっかりはまった。そしてシーズン3までDVD BOXも持っている(全部そろえていないのは恥ずかしい)。

 ストーリーは、現マイアミデイド警察(当時はメトロ・デイド警察)の潜入捜査官(おもに麻薬取引)となるソニー・クロケット(ドン ジョンソン 以下ソニー)&リカルド・ダブス(フィリップ マイケル トーマス 以下ダブス)刑事をメインに、その仲間の刑事とともに活躍する刑事ドラマである。

 製作総指揮のひとりが、マイケル・マン。麻薬取引などのシーンが多いので、夜間の設定が多かったのだが、夜間でもきちっとキャストや風景がきれいに映し出されていたのが印象的であった。マイケル マンの作品ではそのほか、両方とも映画となるが、ロサンゼルスを舞台に、ロサンゼルス市中心部での規模の大きい銃撃戦の撮影が許可された最後の作品ともいわれる、ロバート デニーロとアル パチーノのW主演となる“ヒート1995年)”、そしてトム クルーズが白髪混じりの暗殺者として主役となっていた、こちらもロサンゼルスを舞台にした“コラテラル2004年)”が筆者は大好きである。

マイアミバイスの魅力

 両映画とも夜間シーンが多いのだが、とても鮮明に夜間シーンが撮影されており、とくにヒートでは夜間のロサンゼルス市近郊のフリーウェイでの、インフィニティ Jシリーズ(日本名レパードJフェリー)とキャデラックセビル STSでのカーチェイスは筆者が勝手に名シーンだと思うぐらい大好きである(Jフェリーの覆パトに乗ったアルパチーノが、前方を走るキャデラックの真後ろにつけ、パトランプを光らせて停車させ、アルパチーノがキャデラックに近づくとき、キャデラックのウインカーが赤く減光を繰り返す[日本のウインカーのような点滅ではない]ウインカーはとくに最高)。とにかく大好きなロサンゼルスがとてもきれいに撮影されているのである。

マイアミバイスの魅力

※写真はレパードJフェリーイメージ

日本の作品とは一味違う新鮮さが感じられた

 当時日本で人気のあった刑事ドラマのほとんどは、無事事件を解決して、“めでたし、めでたし”調のエンディングが当たり前だったのだが、マイアミバイスでは、「えっ、その先どうなるの?」というところで、ほぼ毎回終わるところが新鮮だったと覚えている。

 麻薬取引の潜入捜査なので、ソニーやタブスはアルマーニなどのブランドもので着飾り、乗っているクルマシーズン3の第一話までは、デイトナスパイダーという、C3コルベットベースにした、フェラーリ365GTBのレプリカを乗りまわしていた(その後はフェラーリ・テスタロッサとなった)。

マイアミバイスの魅力

※写真は365GTBのイメージ

 本物ではなく、レプリカというところがまたなんだかいい感じを出していた。麻薬取引の相手方であり摘発対象の麻薬ディーラーも、マセラティ クワトロポルテや、メルセデスベンツでもロリンザーなどのチューニングモデルに乗っており、出てくるクルマもこれでもかと豪華なものや相当お洒落クルマがこれでもかと登場し、「マイアミの悪いひとはお洒落クルマに乗っているなあ」と、そのようなクルマには馴染みの薄い貧乏学生生活をしていた筆者は感心していた。劇中歌もフィル コリンズグレン フライなど、当時まさに“イケてる”音楽が“ビシバシ”かかっていた。

 大学の卒業旅行としてアメリカをひとりで1カ月ほど旅をしようと思い計画を立てているとき、それほど興味がなかったのだが、マイアミバイスのロケ地ということで、マイアミを目的地のひとつに加えた。手違いでマイアミ近郊のフォートローダーデールの空港に降ろされてしまいながらも、なんとかマイアミに向かうシャトルタクシー(フルサイズバンの乗合タクシーのようなもの。V8エンジンが車内にはみ出ているのを初めて見て[もちろんカバーはついている]感動してしまった)で宿泊予定のマイアミビーチ市内にあるユースホステルに到着すると、そこはマイアミバイスのロケでたびたび使われていた所であった。世界中から訪れるファンが多く、その時はドイツ人の大学生が目立っていた。夜間には食堂でマイアミバイスの上映会も行われていた。

 ひとりでプラプラしていると、日本人大学生が声をかけてきた。「キーウエストレンタカーで行こうと思うのだが、一緒にいかないか」と誘われた。後から聞いた話では、空港にてとりあえずひとりでレンタカーを借りてきて、このユースホステルで仲間を募り、レンタカー代をシェアしてキーウエストへ行くということはよくあったそうだ。

 とくに予定もないので話にのることにすると、その後すぐにふたりの日本人大学生も同乗することとなった。そして「どこかで遅めのディナーを」ということになったのだが、当時ユースホステルのまわりは大変治安が悪かったので、レンタカーで富裕層の住む地区に行くことにした。道中、なんか見慣れたS字カーブにさしかかった。そここそ、マイアミバイスのオープニングでテスタロッサが疾走した場所なのである(いまもそうだと信じている)。

マイアミバイスの魅力

※写真はテスタロッサのイメージ

 テスタロッサ並みとはいかないものの、かなりのスピードでS字を通り抜けた。富裕層の居住区で食事をしたあとは、当時のマイアミの夜は極端に交通量が少なかったこともあり(かなり危険だったので)、「マイアミバイスのように」と、シボレー・コルシカのレンタカーを飛ばして遊んでいたら、一方通行を誤って逆走してしまい、さらに運悪く正面からパトカーが数台やってきて、一斉にパトライトが光りはじめた。全員で英語がまったくわからないフリをしていると、ポリスが「ここは一方通行で、あなたたちは逆走しているので気をつけなさい」と注意されただけで済んだ。

 そして翌日、7時間かけフロリダ半島から島々を橋で渡って走り抜けキーウエストに無事到着した。

 マイアミバイスはそのもの自体大ファンであるが、青春時代のとても楽しかった思い出も蘇ってくるので、筆者にとってはかけがえのないテレビドラマのひとつでもあるのだ。

 タイミングよく、本国ではドン ジョンソンなどお馴染みの顔ぶれでの最新シーズンが制作されたようで、こちらも気になってしょうがない(敬称略)。

マニアックな車種の宝庫! 「マイアミバイス」がクルマ好きの心に刺さりまくりだった