代替テキスト
(C)JMPA

一向に収まらない新型コロナウイルスの影響に加え、開会式のドタバタもあって開催前は否定的な声が圧倒的に多かった東京五輪。しかし、いざ開幕してみれば日本選手団が過去最多の金メダル数を獲得する大活躍となり、無観客でも大いに盛り上がっている。

開幕前の6月にとった本誌のアンケートでは、「東京五輪は楽しみですか?」という質問に対し、半数以上の人が「興味がない」「最後まで楽しめない」と回答していた。

東京五輪は楽しみですか?】6月23日~25日調べ)

楽しみ=16%
今は楽しみではないが、始まれば楽しめそう=31%
最後まで楽しめないと思う=30%
興味がない=23%

しかし、開幕後のいま「東京五輪は開催して良かったと思いますか?」とアンケートをしたところ、実に77%の人が開催してよかったと回答。世論はすっかり逆転してしまったことがわかる。

東京五輪は開催して良かったと思いますか?】7月27日7月30日調べ)

はい=77%
いいえ=23%

開催してよかったと思う理由としては、「最初は反対でしたがやっぱり見てしまう。選手の頑張りには感動します。日本の政治や委員会の人選は選手に関係ないから」「コロナ禍で明るいニュースもなかったが、選手の素晴らしい活躍のお陰で家族みんなで盛り上がれたため」といった声が寄せられた。

東京五輪開催後、新型コロナウイルスはかつてないほど感染拡大しているが、五輪開催への否定的な声はさほど高まっていない。結果的には、トーマスバッハIOC会長が言った「日本の方は大会が始まれば歓迎してくれると思う」のとおりになってしまったとも……。

阿部一二三、詩選手の兄妹金メダル西矢椛選手の最年少金メダル水谷隼伊藤美誠ペアの卓球悲願の初金メダルソフトボールの13年ぶり金メダルなど……これだけ朗報が続けば、世論が変わるのも無理はないだろう。

五輪の盛り上がりとコロナ禍の収束、どちらかを選ぶなんてできない!?