映画には漫画を原作とする作品が少なくありませんが、こうした作品はオリジナルと違い、「原作の良さをしっかりと再現できているのか」という点も評価の対象になりますよね。
そこで今回は、最も再現度が高かった女性向け漫画原作の実写映画はどれなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 花より男子ファイナル
2位 のだめカンタービレ 最終楽章
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

1位は『君に届け』!


2008年に「第32回 講談社漫画賞」の少女部門を受賞した椎名軽穂の人気恋愛漫画を実写映画化。見た目の暗さから「貞子」と呼ばれる女子高生・黒沼爽子(多部未華子)が、クラスメートの人気者・風早翔太(三浦春馬)と次第に心を通わせていく姿が描かれる。

開日:2010年9月25日
原作:椎名軽穂(別冊マーガレット掲載)
監督:熊澤尚人
出演:多部未華子三浦春馬

2位は『のだめカンタービレ 最終楽章』!


音大生の恋愛模様をコミカルに描いた二ノ宮知子のコミックを原作とするドラマのだめカンタービレ』(フジテレビ系)の劇場版主人公の千秋真一(玉木宏)と野田恵(上野樹里)が日本を離れ、フランス・パリのオーケストラで悪戦苦闘する姿が前後編に分けて描かれる。

開日:2009年12月19日(前編)、2010年4月17日(後編)
原作二ノ宮知子(Kiss掲載)
監督:武内英樹
出演:玉木宏上野樹里

3位は『花より男子ファイナル』!


神尾葉子の人気コミックを連続ドラマ化し、高い視聴率を記録した『花より男子』(TBS系)の劇場版ヒロイン・牧野つくし(井上真央)が道明寺司(松本潤)にプロポーズされた4年後を舞台に、原作にはないオリジナルエピソードが描かれる。

開日:2008年6月28日
原作:神尾葉子(マーガレット掲載)
監督:石井康晴
出演:井上真央、松本潤(嵐)、小栗旬

二度にわたってアニメ化もされた人気漫画の実写映画が1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~54位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが最も再現度が高いと思った女性向け漫画原作の実写映画は、何位にランク・インしていましたか?

写真タレントデータバンク
多部 未華子|1989/1/25生まれ|女性|O型)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:1,570票
調査期間:2021年3月31日2021年4月14日
最も再現度が高かった女性向け漫画原作の実写映画ランキング