高齢化オリンピックがあったとしたら、日本は堂々金メダル!」。痛快な一言ではじまる『老いの福袋』。笑いたいけれど笑えない、いや、むしろ笑い飛ばしたい老いのリアルを赤裸々に語るのは樋口恵子さん。御年88歳にしてNPO法人「高齢社会をよくする女性の会」理事長他、複数の名だたる肩書きの持ち主です。



写真はイメージです。(以下同)



2025年には5人にひとりが75歳以上
 本書によると「日本の全人口に対する65歳以上の割合『高齢化率』は28.7%(2020年9月・総務省統計局の調査)」。なんと「2025年には国民の5人にひとりが75歳以上となり、国民の3割が65歳以上」というのです。かく言う私も2025年には55歳。自分や日本の将来に、漠然とした不安を抱えるのは私だけではないですよね。仕事は、お金は、そして健康は?人生100年、120年時代を生きる知恵を、本書から学びましょう。


◆和式トイレで立ち上がれなくなり大ピンチ
 女性はだいたい40歳を過ぎた頃から、些細な体調不良を感じるようになります。四十肩や老眼もそのひとつ。しかし高齢になると肩が上がりづらいどころの話ではありません。そう、トイレで用を足したあとに腰が上がらなくなるのです。



 冗談でしょ?と疑いましたが、70代半ばだった著者のれっきとした体験談。駅の和式トイレで下半身をさらした姿のまま立てなくなり、試行錯誤の末トイレットペーパーを床に敷き詰めて両手をつき、ガバッと立ち上がったのだとか。想像してみてください、自宅だったらまだしも(ひとり暮らしだったら危険かも)、公共施設内で同じことが起こったら。パンツを下ろしたまま誰かに発見されたり、救急車で運ばれたりetc


 トイレで死闘を繰り広げた著者は、80代になってまたトイレで立てなくなってしまうのです。その時は娘さんに助けてもらったそうですが、一度ならず二度までも、嗚呼。特に女性は閉経を迎えると骨粗鬆症になりやすく、足腰のケアは必要不可欠。エクササイズや筋トレは、美容から健康へ、さらにアクシデントから身を護る護身術(?)へとシフトチェンジ。これが「老いるショック」への備えです。


◆老後は金持ちより人持ち



「おひとりさま」という言葉が定着して久しいですが、老後はこちらが意識しなくても「おひとりさま」になってしまうもの。本書に登場する男性は、「妻の死後に3つの保険に入った」と言います。


 保険といっても金融商品ではなく、人間関係の保険です。分譲マンションに住んでいた男性は、「自治会の役員を引き受け、市民講座運営委員会の委員になり、カラオケサークルに入った」そうです。これらすべてに人との交流がありますよね。


 老後は自ら進んで「おひとりさま」であることを公表し、「おひとりさま」の危機を救ってくれる人間関係を構築するのがベスト。何かあっても誰かが発見してくれる、という安心感は心身の健康にもつながると思うのです。


ユーモアよ、永遠に
 高齢と呼ぶにはまだ早い50歳の私ですが、それでも体の衰えを実感するたびに凹みます。とはいえ、この凹みが年々増えていくのは目に見えているのです。シミやシワも増えていくし、とため息をついていたら、同じ美容院に通う70代の女性が「美容整形にハマっている」という話を聞きました。なんでも「この年齢になったら、今さらどういう顔になっても驚かないし、むしろ変化が楽しい」と笑うのです。



 本書にも「いやなこと、つらい出来事もちょっと俯瞰して眺めて笑いに変えてしまうと、けっこう気分が変わるもの」とユーモア精神を推奨しています。あの美輪明宏さんにしても「世界を変える言葉は『ルンルン』」と提案。「今朝は肩が痛いわルンルン」とか「トイレで立てなくなったわルンルン」とか、ヤレヤレな事実をユーモアで締めくくると、新たな活力が生まれてくるのです。


「忙しさと笑いがあれば、たいていのことは乗り越えられる」
無視できない「老い」と「高齢社会」の現実を、知恵とユーモアで切り込む本書。10年後、20年後を見据えた必読書と言えそうです。


小説家・森美樹のブックレビュー


<文/森美樹>


【森美樹】1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)、『母親病』(新潮社)を上梓。Twitter:@morimikixxx