「過去9年守ってきた世界最強の名前、それは大韓民国です!」

 韓国テレビ地上波キー局SBSチョン・ウヨンキャスターがこう叫んだのは、7月28日午後8時過ぎ。東京五輪フェンシング男子サーブル団体の決勝で韓国チームイタリアを下し、優勝を決めた瞬間だ。

 韓国は、2012年ロンドン五輪の同競技で優勝。続く前回の2016年リオ五輪で男子サーブル団体は行われなかったため、これが9年越しの2連覇となる。またアーチェリー以外の競技で今回初の金メダルとなったこともあり、人々の関心は大きかった。テレビ中継の視聴率は、KBS-2TV、MBCSBSの3局累計で25.1%に達している。参考までに日本でも大きな話題となった大ヒット韓流ドラマ「愛の不時着」(2019年)は、最高視聴率が23.249%だ。

84%の人が「成功しない」

東京五輪に対する韓国人の関心度は“歴代最低”」(「ヘラルド経済」2021年7月23日付)。東京五輪開幕当日には、こんなニュースも流れた。調査会社・韓国ギャラップが同月20~22日に行った調査によると、回答者の66%が「東京五輪に関心がない」と回答。「関心がある」は、リオ五輪の60%に対して32%にとどまっている。これは1992年以降で最低の数字だそうだ。さらに東京五輪が「成功する」との回答がわずか7%に対して、「成功しない」は84%に上った。

 原因はコロナ禍に加えて、近年の日韓関係悪化が影響を及ぼしたと解釈されている。また前回の低迷も無関心に一役買っているようだ。韓国は2008年北京五輪で金13銀11銅8(計32)、国別順位7位。ロンドン五輪は、金13銀9銅8(計30)で同じく5位。ところがリオ五輪は金9銀3銅9(計21)で、8位に終わった。今回は「金7以上、国別順位10位以内」と、またいっそう控えめな目標を掲げている。

 韓国でも前評判が低かった東京五輪。しかしいざ開幕してみれば、選手たちの熱闘はそれなりに連日人々を賑わしている。やはりメディアを盛り上げるドラマには事欠かないようだ。

 韓国のお家芸アーチェリーは、前回リオ五輪の金4銅1に対して金4。今回で9連覇となる女子団体戦などで、手堅く金メダルを稼いでいる。

 その一方で「宗主国」と胸を張る国技テコンドーは、前回金2銅3に対して今回は銀1銅2。正式種目となった00年シドニー五輪以来、初めて金メダルを1つも獲れないというショッキングな結果に終わった。コロナ禍で韓国代表選手が国際大会にほとんど参加できなかった、またテコンドーの普及にともなってライバルが増えたことなどが不振の理由といわれている。

 だがそんなテコンドーで、同じく3局の累計視聴率25.7%を稼いだ選手がいる。7月27日の男子80kg超級3位決定戦で勝利したイン・ギョドン(印教敦・29)がそうだ。

 彼は大学生だった2014年、血液のがんの一種である悪性リンパ腫と診断されて闘病生活を開始。手術を経て治療に苦しみながらも練習を続け、2015年の光州夏季ユニバーシアードで銀メダルを獲得する健闘ぶりを見せた。ようやく完治の診断を受けたのは、2019年。そして初の五輪出場となった今回の大会で銅メダルを手にしたイン選手に、韓国中が喝采を送ったわけだ。

在日3世の選手が柔道で銅メダル

 同じく銅メダルメディアの話題をさらったのが、男子柔道のアン・チャンリン(安昌林・27)だ。彼は京都府出身の在日韓国人3世。父方の曽祖父、母方の祖父の代に日本へ渡ってきたという。

 アン選手は小学1年生で柔道を始め、強豪の桐蔭学園高校から筑波大学に進学。全日本学生柔道体重別選手権大会などで優秀な成績を収めた。日本国籍でないことから国際大会に出場できず、帰化を勧められたが、「祖父母が命をかけて守った国籍を忘れることはできない」(「東亜日報」同年7月27日付)と固辞。2014年に韓国の竜仁大学に編入し、韓国代表として世界選手権に出場。

 リオ五輪では3回戦敗退の苦杯をなめたが、今回ようやく7月26日の73kg級で銅メダルを手にした。文在寅大統領は同日、SNSを通じて「アン選手の活躍は在日同胞を超えて5000万の大韓民国国民の自負心になりました。私たちはアン選手が祖国に捧げた闘魂を記憶します」とのメッセージを送っている。

 メダルに届かなかったものの、人々の大きな関心を呼んだ選手たちもいる。男子水泳のファン・ソヌ(黄宣優・18)は、7月25日の200m自由形予選で1分44秒62の韓国新記録、そして28日の100メートル自由形準決勝で47秒56のアジア新記録を達成した。29日の決勝は5位に終わったが、アジア人選手として男子100メートル自由形決勝に進出するのは、1956年メルボルン五輪以来。文大統領SNSでその快挙を讃えた。

 またラグビー代表チームも脚光を浴びている。韓国が五輪のラグビーに出場するのは、実は今回が史上初めて。1923年にラグビーが韓国に伝わって以来98年で初の快挙として、注目を集めた。成績は、全試合敗北の最下位。7月28日の最終戦も日本に19−31で敗れたが、キャプテンのパク・ワニョン(37)は多くのことを学んだとして次回への期待をつないでいる。

虎の図柄は朝鮮出兵をイメージする?

 通常の五輪と異なり、競技以外の部分で日韓が喧しいのも今回の大会ならではだ。選手村入りした韓国選手団が、豊臣秀吉の朝鮮出兵に抵抗した武将・李舜臣の言葉をもじったメッセージを垂れ幕にして掲げたところ、IOC国際オリンピック委員会)の要請で撤去させられたのは記憶に新しい。

 代わりに1988年ソウル五輪や2018年平昌五輪マスコットになったトラの伝統的な図象に差し替えると、今度は「加藤清正の虎退治≒秀吉の朝鮮出兵を連想させるので反日なのは変わっていない」「竹島の領有を主張している」といった非難がまた日本側から浴びせられた。

すぎやまこういち氏は「代表的な右翼人士」

 世界的に不評の多かった開会式を巡るゴタゴタも、何かあるたびに詳しく報道されている。また選手団の入場行進でドラゴンクエストの曲が使用された作曲家すぎやまこういち氏についても同様だ。英語圏では米ニュースメディアDaily Beast」(同年7月23日付)が詳細に報じたが、韓国でも「中央日報」「ソウル新聞」「アジア経済」などが「代表的な右翼人士」「性的少数者(LGBT)に対する差別発言でも有名」「五輪の理念に正面から反する」といった非難の声を紹介した。

 聖火の最終ランナーとなった大坂なおみ選手に対して日本で起きた人種差別的なバッシングも、詳しく報じられている。「聯合ニュース」(同年7月28日付)は米「New York Times」(同年7月27日付)の報道をほぼなぞる形で、「(日本)社会の一部では、いまも日本人の定義を狭めて外国に排他的な感情が強い」「日本で“ハーフ”と呼ばれる人々は、日本で生まれた場合でも完全な日本人として扱われない」などの指摘を伝えた。

 東京都や五輪関係のコロナ陽性者数も連日報じられ、日本でのエピデミックに大きな懸念が寄せられている。米ジョンズ・ホプキンス大学の統計によると、新型コロナウイルス感染症による10万人あたりの死亡者数は韓国4.03に対して日本は12.02(7月30日現在)。韓国にとっては対岸の火事ともいえるが、大会の行方を不安視する報道は多い。

 深刻なコロナ禍のなかで開催されている異例ずくめの東京五輪。残る日程でどんなドラマが日韓で繰り広げられるのか、まだまだ話題は尽きない。

(高月 靖/Webオリジナル(特集班))

選手村に掲げられた韓国の国旗 Ⓒ文藝春秋 撮影・宮崎慎之輔