女優の尾野真千子が、今年5月に再婚していたと26日、ニュースサイト『NEWSポストセブン』が報じた。記事によれば、お相手の男性は沖縄在住で廃棄物処理や家庭ゴミのリサイクルなどを担う地元企業の代表取締役。交際約1年でのゴールインだという。尾野はオフを利用して、沖縄の夫の家で過ごしているようだ。男性は沖縄でドラマや映画ロケのコーディネート業などもこなし、過去に尾野の出演作に協力したことがきっかけで長らく友人関係を築いていたという。

 尾野は、中学時代の1996年に映画監督・河瀬直美氏の目に留まり、1997年公開の映画『萌の朱雀』で主演デビューしたシンデレラガール2011年放送のNHK連続テレビ小説カーネーション』でヒロインを務めると一躍脚光を浴びた。

 ​>>鈴木保奈美、W不倫の末に妊娠で略奪婚? 石橋貴明との離婚にも共通点か【芸能界、別れた二人の真相】<<​​​

 同時に私生活にも注目が寄せられ、同ドラマクランクアップ後の2012年3月、『女性セブン』(小学館)に俳優・高橋一生との同棲を報じられた。記事によれば、2人はまだ無名時代の2010年に共演したドラマ『MM9』(TBS系)がきっかけで交際に発展し、当初から同棲を開始していたという。だが、『カーネーション』の撮影により、尾野は半年以上を大阪で暮らすこととなり、一時は同棲生活の解消を余儀なくされたようだ。

 「2人は2011年放送のドラマ『名前をなくした女神』(フジテレビ系)で、夫婦役として共演。同ドラマでの尾野は、高橋のDVを受けて苦悩する日々を送るという役どころでしたが、2012年発売の『女性セブン』によれば、実際には恋人の高橋からDVを受けるシーンがあることがつらかったと、尾野が明かしていたようです」(ドラマ関係者)

 ところが2012年5月、高橋は所属事務所を通して「彼女が女優として大事な時期だったため、私たちは同棲を解消しました」と尾野との破局を発表した。

 その原因となったのが、『カーネーション』で共演していたタレントの星田英利(当時:ほっしゃん。)だといわれている。同年6月、尾野は当時既婚者だった星田との仲睦まじいドライブデートを『FRIDAY』(講談社)に激写され、不倫の疑惑をかけられたのだ。双方は友人関係を強調したものの、同年9月に静岡・熱海への一泊旅行を再び同誌にスッパ抜かれ、弁解の余地がなくなった。

 「『カーネーション』では、関西弁での2人の軽妙なやりとりが好評でしたが、その関係が私生活にまで影響していたことに世間は度肝を抜かれました。尾野は星田との“不倫”沙汰でメディアをにぎわせましたが、このとき高橋と交際中だったことから“二股”をかけていたということに。常々、尾野との”格差“を気にしていた高橋は、尾野が星田と頻繁にデートしていたことを知り、早々に身を引いたといわれています」(芸能関係者)

 結局、尾野は星田と進展がないまま、2015年7月に芸能事務所LDHの役員を務める男性と結婚。だが、多忙な中での生活観や価値観の違いから2017年9月に離婚した。

 すると、複数のメディアは高橋との復縁を報じ、同年同月発売の『女性セブン』では、星田と二股をかけられた高橋が破局当時、尾野を一言も責めるような発言をせず、お互い未練が残った別れだったと伝えている。

 2017年9月に配信された『東スポWeb』の記事では、尾野との格差を気にして破局に至ったとしていた高橋が、自身のブレイクと尾野の離婚を機に再会したと報じ、復縁を示唆。だが、2人は復縁することはなかったようだ。

 かつての恋人の再婚は、高橋にとっても喜ばしいことだろう。

高橋一生