「ベランダでたばこを吸うな」と、事実無根の言いがかりをつけられた──。

東京都在住の60代男性から、こんな災難なご近所トラブル体験談が寄せられた。

以前住んでいたマンションで、二部屋隣の住人が彼について、「ベランダでタバコを吸っている」と、管理組合に苦情を出したという。

彼はたしかに喫煙者だった。しかし、ベランダで吸ったことは一度も無かった。

実際、管理組合が確認に来た際には彼の無実が証明されたという。

しかし、苦情を出した住人はその報告が面白くなかったようで......。

「1年前から注意している」と言うけれど...

以前に住んでいたマンションでの揉め事です。

二部屋隣の住人の主婦が管理組合に、私がベランダでタバコを吸っていると苦情を出しました。私は、喫煙者ですがベランダで吸った事は一度も有りません。

吸うときはいつも、家の中でした。

そもそも、喫煙を始めたのもその問題が起きる半年位前からなのですが、管理組合には「一年以上前から注意しているのにベランダで吸っている」と言っていたようです。

ベランダで喫煙なんかしてないのに......(画像はイメージ)

管理会社が私のところにやってきて、そのことを確認。私のことを「無実である」と報告しましたが、彼女はそれが面白くなかったようです。

ある夜、「ベランダからタバコポイ捨てをしていて火事になる」と110番通報があったらしく、警察が突然我が家に来ました。

もちろん、彼女が電話したのです。

警察の人に事情を説明して、私が捨てたというタバコを見に行きました。

結果、私の吸っているものとは違う銘柄のタバコだったので、彼らは納得して帰って行きました。

窓を勝手に開けて、覗いてくるように...

画像はイメージ

以前の苦情といい警察騒ぎといい、さすがにこう何度も言いがかりをつけられていては納得いかず、彼女の夫に話をしたところ、彼女はかなり怒られたらしいです。

すると、それがまた面白くなかったのか、それから度々我が家の中を覗くようになったのです。

ある時、娘と夕飯を食べていたらスッとキッチンの窓が5センチ程開いたので、「えっ?」と思い外に出て見たら、彼女が家の中を覗いていました。ここまで来るとストーカーと同じです。

「コラー!いい加減にしろ!

私が怒鳴りつけたら逃げて行ったのですが、その後、「廊下を歩いていたら脅された」と言って110番したそうです。すぐに警察が来ましたが、もちろん事実無根なので、事情を説明したら帰って行きました。

今ではそのマンションを売り、別のところに住んでいます。

タバコはもう止めましたが、最近の嫌煙家の攻撃は常軌を脱していると思います。

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージメールtoko@j-town.net)から、具体的なエピソード500文字~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

ベランダで喫煙なんかしてないのに......(画像はイメージ)