(作家・ジャーナリスト:青沼 陽一郎)

JBpressですべての写真や図表を見る

 現場を歩くことは取材の基本だ。そこで起きていることを眼で見て、音を聞き、空気を肌で感じる。文字や映像では決して伝わることのない匂いは、現場に立ってみないとわからない。

 これまでにさまざまな事故、事件の現場を歩いてきた。刑事裁判の傍聴取材が多いのも、当事者と同じ空気を吸って、そこで語られる事件当時の状況を知る最適の場所だからだ。

オリンピックミュージアムに人だかり

 東京オリンピックが開催中の国立競技場の周辺を歩いた。大会9日目で陸上競技がはじまっていた。

 無観客開催だから、チケットがあっても中には入れないことはわかっていた。だが、その周辺なら歩けるはずだった。

 アプローチの仕方はいろいろあるが、多くの人がそうするであろう東京メトロ銀座線の外苑前駅で降りて、そのままスタジアム通りを北に歩く。右手に見える秩父宮ラグビー場を通り過ぎ、その並びに神宮球場が現れると正面に、樹木をあしらって階層構造になっている新国立競技場の外壁がはっきりと見えた。

 通りを挟んだ神宮球場の向かいに建つオリンピックミュージアムの周辺には、人だかりができている。比較的若い人たちが多く、土曜日の午後だったこともあって、小さな子どもを連れた家族の姿も目立つ。

 東京都には緊急事態宣言が発出されていたが、みんながマスクをして目当てにしているのは、ミュージアムの敷地広場にある五輪マークを立体化した等身大ほどの“オリンピックシンボル”だった。そこで国立競技場を背景にしたりして記念写真を撮っている。その順番を待つように通りに沿って列もできていた。

 そこで目の当たりにした光景に、私は愕然とした。いまさらながらにオリンピックシンボルで「密」になる人たちに対してではない。そこから眼に映る国立競技場の風景にだ。

フェンスと検問で隔絶された競技場

 スタジアム通りが国立競技場に突き当たる場所にはアーチ型の巨大テントのゲートが設置され車両規制のための検問が行われていた。歩いて競技場内に入るにも脇のテント施設でチェックが行われる。そしてそのまま西に折れる通りに沿ってフェンスが張られ、国立競技場とその周辺を完全に隔離していた。フェンスの前には制服警官が立って眼を光らせている。

 そこから一旦は国立競技場を離れ、回り道をして外苑西通りに出た。楕円形の競技場の西側に隣接して南北に伸びる通りだ。そこで見た光景は、国立競技場に沿って連なる人を遮る壁だった。

 都内でも工事現場や廃墟となった建物に立ち入りを制限するために高い板塀を張り巡らせた壁を見ることがある。あれと同じだ。ところによってはスタジアムの搬入口付近にアコーディオン式の開閉扉ができていて、大型車両の通行を可能にしている。

 だが、そこは常時封鎖されていて、あとは赤と白の日の丸デザインと「TOKYO 2020」と金色の文字で彩られた延々と続く壁で国立競技場を取り囲んで隔離していた。一般人を建物にも敷地にも一切近づけさせない。

 それを見て、過去に私の観た風景が脳裏に浮かんだ。東日本大震災の現場と同じだ。それも福島第一原子力発電所の事故現場とその周辺の光景。ちょうど10年前の発生直後から、断続的に取材で訪れた立ち入り制限区域の現場。

原発事故後の立ち入り制限地域と重なる光景

 時間と共に制限区域は狭められていったとは言え、放射線量の高い場所は立ち入りが禁止され、倒壊した建物には壁が張られ、フェンスで隔離された。それも事故を引き越した福島第一原発や第二原発の周辺が顕著だった。制限区域の境界には、いまの国立競技場と同じような検問が設けられ、許可証をチェックされる。10年前のいまごろは、原発事故の処理作業に向かう作業員が対策本部の置かれたJヴィレッジから専用バスでピストン輸送されていた。いまは選手村から競技会場に選手や関係者がバスや専用車両で送られている。しかもそこを行き交う人々は、いまと同じように全員がマスクをしていた。あの時は空気中に飛び交う放射性物質を吸い込まないように、いまは人が行き交うことで新型コロナウイルスを取り込まないように。

 これが20年前の米国同時多発テロの現場だったら、もう少し様子が違っていた。ワールドトレードセンターが倒壊した現場に入る消防士や作業員たちを乗せた車両やバスがニューヨーク・マンハッタンを行けば、沿道の人たちはそこで足を止め、歓声と拍手で見送っていた。車上の作業員も腕を振り上げてそれに応えていた。競技場に入る選手たちにそうした熱い声援は送られているのだろうか。むしろ、現場を歩いて感じられるのは、もっとぎらぎらとした警備と監視の視線だけだ。それは原発事故の汚染区域と変わらない。

 外苑西通りに張り巡らされた壁のすぐこちら側では「ホープ軒」が営業を続けていた。こってりで知られるラーメン屋で、まだ以前の国立競技場が建っていた頃は夜中に通っていた。ここだけはいまも変わらない。それだけに隔絶された制限区域の出現が私には異様なものに映った。この特別に隔離された巨大な建造物の内側で、血税を投じた国民を閉め出して別世界の祭典が進行している。それでも遮蔽板越しの記念撮影に都民が興じるのは、福島第一原発の事故周辺現場を知らないからだ。それを知れば、この強烈な陵辱感にも似た巨大な嫌悪感が浮き立ってくるはずだ。

 JR東日本の千駄ヶ谷駅に抜けて、国立競技場の北側にでる。首都高下り線の外苑入口はやはり福島の帰宅困難区域のように閉鎖され、物々しく警備の人間が立っている。都営地下鉄国立競技場駅の地上入口のすぐ前には、辺り一帯にフェンスが張り巡らされ、そのはるか向こうに「国立競技場」と記された看板と入口ゲートが見える。そのすぐ脇に車両の入構を規制する場所があり、警察官の他に迷彩服の姿もあった。隔絶され、強大な力で支配されたエリアに近づけるのは、ここで終わっていた。

フェンスと遮蔽版で外界と隔てられたスタジアムで開かれる祝祭

 この日、東京では新型コロナウイルス感染者が過去最高の4000人を超えた。首都圏の競技会場では無観客となって、オリンピック会場から市中に感染が拡大することはなくなった。「バブル方式」によって選手、大会関係者を関連施設に隔離することで、そこからの感染も封鎖したはずだった。それがいまとなっては、競技会場の外側のほうで感染爆発が進み、どちらを守るための隔絶だったのか、わからなくなっている。

 その前日には、政府が埼玉、千葉、神奈川、大阪にも緊急事態宣言を発出すること、発出中の東京、沖縄の期限を延長することを決めた。その日の会見で菅義偉首相は、感染拡大の原因について、感染力の強いインド型とされるデルタ株が主流となっていることを挙げている。だが、以前の同じ会見ではそのデルタ株の水際対策に全力を挙げると公言したはずだった。そして、今回の会見でもこう言って締めくくっている。

「8月末までの間、今回の宣言が最後となるような覚悟で、政府を挙げて全力で対策を講じてまいります。国民の皆さんの御理解と御協力を心からお願い申し上げます」

 もう幾度も感染対策には「全力を挙げる」と言ってきたはずだった。それでこの有り様だ。オリンピック選手なら全力を挙げて敗れたとしても称賛を送られる。だが、オリンピックとは違う。民間企業の経営者なら、とっくに解任されている。菅首相は今回の東京オリンピックの開催について、1964年に観た前回大会の個人の感動を口にしながら、今回こそ「テレビで観戦しろ」という。小池百合子東京都知事も人流を抑制するためオリンピックテレビ観戦を訴える。

 だが、テレビ中継ではわからないその周辺の現場で起きていること。まるで福島第一原子力発電所の事故を彷彿させる光景。IOC国際オリンピック委員会)に日本の中心が占領されてしまったような異常な現場。これが復興オリンピックを掲げた姿だとしたら絶望的だ。日本人だったら東京のど真ん中で起きているこの異常な事態を知っておくべきだ。それこそ国辱と叫んでもおかしくはない。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  【舛添直言】低支持率定着の菅政権、なぜかくも世論に鈍感なのか

[関連記事]

侍ジャパン・坂本勇人が「もっと評価されるべき理由」

競泳・瀬戸大也の予選落ち、衝撃ではあるが「まさか」ではない

国立競技場(写真:鶴来雅宏/アフロ)