客前にもかかわらず平気で部下や新入社員をコケにする上司は、パワハラという言葉が頻繁に叫ばれるようになった現代でも意外と多いようです。銀行に入社し、新入社員として頑張っていた西間賢人さん(仮名・当時24歳)の男性上司・伊藤さん(仮名・30歳)も、ヤル気を削いでしまうような困った上司でした。

上司
※画像はイメージです(以下同じ)

入社した銀行にいたブラック上司

「客前でも平気で新入社員をコケにするので、新入社員はもちろん、部下からも嫌われていました。でも、伊藤さんは体格もよくて声も大きくて、逆らえない雰囲気というか威圧感があって誰も何も言えなかったんです。だから新入社員もどんどん辞めていって、僕も毎日、辞めることばかり考えていました

 そんなある日、来店したお客さんに挨拶をしたり用紙の記入方法を教えたりする案内係をすることになった西間さんは、お客さんからATMの操作について尋ねられます。マニュアル通りには説明したものの、そのお客さんには通じていないようでした。

 困っている西間さんを見て、伊藤さんはニヤニヤしながら近づいてきたそうです。

威圧感たっぷりに叱責する上司

上司

「そして、大きな声でお客さんに操作方法を説明したり、タッチパネルの対象部分を押す素振りを見せたりしながら上手に説明していました。そして、お客さんがスムーズに操作しはじめると、僕のほうに向き直って『声が小さいんだよ、声が! しかも、説明がわかりにくいんだよ』と鼻で笑いながら、威圧感たっぷりにそう言ってきたんです」

 そしてそのまま、叱責は続きました。お客さんが少なかったという認識はあったものの、西間さんが住んでいる地域に根付いた銀行だったこともあり、自尊心は深く傷つき、顔も上げられないほどだったそうです。

「そのとき、『あら、あなたは、入社したときから仕事ができたの?』という女性の声が聞こえ、『あなたにも新入社員の経験があるはずよ。手取り足取り教えてもらう時期に、そんなに蔑んだ態度でネチネチ言われたら、覚えられるものも覚えられなくなるわ』と続けただけでなく、『そうですよね? 皆さん』と、ほかの銀行員にも問いかけたんです」

西間さんを救った声の主は?

 シン……とした空気のなか、西間さんがゆっくりと顔を上げると、そこに立っていたのはなんと西間さんの母親だったそうです。たまたま銀行の客として来ていたのです。

 西間さんは、思春期頃から思ったことをズバっと言う母のことが苦手になり、最近では、ご飯を食べ終えると自分の部屋に逃げるように駆け込んでいたのだとか。

「避けていた母が、僕の苦手な“思ったことをズバっと言う”という方法で、僕のことを救ってくれたんです。僕は、スカッとした反面、自分が恥ずかしくなりました。母はさらに、『お客さんの前で叱責なんかしたら、ミスをした新入社員だけじゃなく、あなたの評価も下げますよ。仕事ができそうな方なのに、もったいないわ』と続け、ニッコリとほほ笑んだのです」

新入社員をコケにすることもなくなる

すかっと

 すると、伊藤さんは「俺の評価も下がる?」とブツブツとつぶやいたあと、すみませんでした。いいことを教えてくれて、ありがとうございました」と謝罪したのでした。どういった意図で謝罪をしてくれたのかはわからないものの、その後、伊藤さんが人前で新入社員をコケにすることはなくなったと言います。

「このことがあってから、母へのわだかまりが徐々に解けていったんです。確かに母は、思ったことをズバっと言いますが、誰かを困らせたり貶めたりするような言葉を使うことはありません。そんな母を恥ずかしいと思っていた僕のほうこそ、同じ新入社員の仲間が理不尽な目に遭っても助けてさえあげられない、酷いヤツでした」

 西間さんはそのことがあってから、困っている人や嫌な目に遭っている人を見かけたら、できるだけ助けるように心がけているそうです。お母さんのように、言うべきことをズバッと言える人でありたいものですよね。

<取材・文/山内良子 イラストパウロタスク(@paultaskart)>

特集[令和のスカッとした話]

【山内良子】

フリーライター。おいしいものや楽しいこと、旅行が大好き! ライフ系や節約、歴史や日本文化を中心に、取材や経営者向けの記事も執筆。金融会社での勤務経験や接客改善業務での経験を活かした記事も得意です