アメリカロサンゼルスへ拠点を置くパブリッシャー(販売元)のAkupara Gamesは、あらゆる敵の残骸をブラックホールで吸い込み強化するアクションアドベンチャーRPG『GRIMEを日本時間8月2日(月)に発売した。PC(Steam)に対応しており、通常価格は税込2570円。日本時間8月10日(火)までの期間は10%オフの2313円で購入可能だ。

 なお、本作は定額制クラウドゲームサービスGoogle Stadia Proの加入者向けにも配信されている。

 『GRIME』は、イスラエル・ハイファにあるティルタン・デザインスクール内の学生スタジオClover Bite」が開発したダークファンタジー作品である。本作では、頭部がブラックホールで構成された生物兵器を操り、3Dで描かれた不気味な世界を探索。遭遇した異形の怪物を次々と退けていく。

 本作の大きな特徴は頭部のブラックホール倒した敵の残骸を吸い込み、自らの武器や能力として扱える点だ。探索のなかで手に入る武器は剣やハンマー、槍など多種にわたり、状況へ応じてシームレスに切り替え可能。巨大なボスからは戦闘や移動に役立つ強力な能力を得られるという。

 Apple MusicAmazon Musicなどの音楽配信サイトやAkupara Games公式YouTubeチャンネルでは『GRIME』のオリジナルサウンドトラックも配信中なので、気に入った楽曲があれば作品とあわせてチェックしてみてほしい。

ライターヨシムネ

『GRIME』のSteamストアページはこちらAkupara Games公式YouTubeチャンネルはこちら
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura