埼玉県飯能市8月2日8月7日から緊急事態措置が終わるまで飯能河原を閉鎖すると発表した。市の担当者によると、7月22日からの4連休中、1日あたり60〜70のテントが張られ、マスクをせずにBBQなどをする人たちであふれたという。

県南東部や都内ナンバーの車が多くみられたこともあり、市の担当者は「住民の心配もあって、閉鎖もやむなしという判断に至った。地域に住む住民の健康のためにもご理解とご協力をお願いします」と呼びかけている。

GWには110番通報が100件以上

市の担当者によると、飯能河原は住宅地と隣接しており、4連休中にも住民から感染拡大を心配する声が数十件寄せられた。こうした状況は春先から続いており、ゴールデンウィークには警察への110番通報が100件以上相次いだという。

4連休中は県や市の職員が巡回し、チラシを配りながら「飲食をやめてください」「マスクをしてください」と呼びかけたが、「一切聞いてくれない状況」だったという。

ツイッターでも8月に入り「月曜はゴミの置き捨てが多い」「​近隣の飯能河原から笑い声がとんでもなく響いてくる​」といった声が投稿されていた。

今後は出入り口付近に閉鎖を呼びかける大きな看板を表示し、バリケードやロープなどを張る予定だという。

河原に人殺到、マスクせずBBQ 住民から通報相次ぐ 埼玉・飯能河原、一時閉鎖へ