日本たばこ産業(JT)は、10月1日からのたばこ税増税などにともない、たばこの小売定価改定の認可申請を財務大臣に対して行ったことを発表した。

画像付きの記事はこちら



 今回、小売定価改定の申請を行ったのは紙巻たばこ127銘柄、葉巻たばこ18銘柄、パイプたばこ3銘柄、刻みたばこ3銘柄、かぎたばこ22銘柄の、計173銘柄。

 今回の小売定価改定は、1本あたり1.0円のたばこ税増税や、軽量な葉巻たばこの課税方式の見直しに際して、今後のコスト上昇などを踏まえて検討を重ねた結果、各銘柄の品質・ブランド価値を維持し顧客の支持・期待に応えるために決定した。銘柄によっては増税分以上の小売定価改定となる。

 代表的な紙巻たばこの改定価格は、「ナチュラル アメリカスピリット」(20本入り)が570円から600円に、「セブンスター」「ピース」(20本入り)が560円から600円に、「メビウス」が540円から580円に、「ピアニッシモ」が540円から570円に、「ウィンストン(キャスターキャビン)」が500円から540円、「キャメル」が450円から460円に改定される。

 なお、小売定価改定は財務大臣による認可後、10月1日から行われる予定。加熱式たばこを含む一部銘柄の小売定価改定は、今後改めて申請を予定している。

JTがたばこを値上げする