カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

最もロックなコロナワクチン接種
 フィンランドハードロックバンド、ローディのリーダーであるMr.ローディーが2回目の新型コロナワクチン接種を受けている姿が公開された。

 Mr.ローディーは、ステージで演奏する時に使用している衣装で登場し、怪物姿のまま接種を行ったようだ。

【最もロックなコロナワクチン接種者】

 8月1日フィンランド北部、ロヴァニエミ市にあるワクチン接種センターで2度目のワクチン接種を行った、47歳のMr.ローディー(本名:トミ・ペッテリ・プタアンス)。

 Mr.ローディーは、ステージに立つときと同様の姿で接種会場に現れ、そのまま接種を行った。

 Mr.ローディー率いるハードロックバンド、ローディーは、怪物のフルコスチュームと叙情的な旋律で世界的に知られている。

 メンバーは、この怪物の衣装がバンドにとって重要な要素と考えており、素顔でのインタビューや写真撮影には応じていないという。

 なので接種会場でもこの姿だったようだ。
 注射を打つ腕の部分は穴が開いているとかなのかな?

 2006年ユーロビジョンソングコンテストに出場し、フィンランドアーティストとして初めて優勝したローディーの当時の映像

Lordi - Hard Rock Hallelujah (Finland) 2006 Eurovision Song Contest Winner

 コロナの影響で何度もツアーが中止になったというMr.ローディー。彼が自らの接種姿を公開したのは、若者にも接種に興味を持ってもらう為だという。ちなみにフィンランドでは、2回接種が済んだ人の割合は35.6%となっている(8月2日現在)

 また、お国柄なのか、ロヴァニエミ市の接種会場にはサンタクロースも接種を受けにきていたようだ。

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

サブカル・アートの記事をもっと見る

ロボットを使い、10万個のドミノで「スーパーマリオ」を描いた元NASAのエンジニア、世界記録を樹立! - カラパイア

独創性が暴走中。世にも奇妙な14のアイデアグッズ - カラパイア

「ウォーリーをさがせ!」の本からウォーリーを素早く見つけるコツ - カラパイア

スペースインベーダー全盛期、1979年東京のゲームセンターの様子を記録した映像 - カラパイア

最もロックなワクチン接種。ハードロックバンドのMr.ローディが怪物姿で2回目接種(フィンランド)