ドイツベルリンに拠点を置くゲームクリエイターPaul Schnepf氏は8月4日(水)、自身が開発するスケートボードアクションゲーム『The Ramp』をPC向けにリリースした。

 『The Ramp』は、ミニマルな作りのスケボーアクションハーフパイプやL字型プールなどを含む4種類のステージを除いては、キャンペーンモードもアンロック可能な追加要素も存在しない。あるのは俯瞰視点で眺めるシンプルステージボードを操るいくつかのコマンド、ゆったりとしたテンポBGMが流れるチルな時間だけだ。

(画像はSteamより)

 淡々と滑りを楽しむもよし、空中でのトリックステージの縁でグラインドを決めるのも自由。無駄の削ぎ落されたストレスフリーな設計だが、転倒やコースアウトの危険もあるので気が抜けない。トリックに成功すると技名もしっかり表示される仕様。

 開発を手がけるPaul Schnepf氏は、10分から15分程度のライトプレイを想定した本作をデジタルおもちゃのようなものだと評している。

 同氏はIslandersSuperflightなどの作品を生んだドイツインディースタジオGrizzly Gamesの共同設立者であり、自身もまたスケーターという一面も持つ。そうした経験を元に作られた本作は、PCではもちろん今後出荷予定の携帯ゲーム機「Steam Deck」でもより一層楽しめることだろう。

(画像はSteamより)
(画像はSteamより)
(画像はSteamより)

 『The Ramp』は、PC(Steam)向けに配信中。販売価格は620円で、8月11日(水)までは20%オフの496円(各税込)で購入できる。

ライターdashimaru

『The Ramp』Steamストアページはこちら