カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

maki-3295891_640_e
 キツネザルにも様々な種類がいるが、我々の知っているキツネザルと言えば、せいぜい猫かタヌキくらいの大きさだ。

 そのすべての種がマダガスカルに生息しているが、5002000年前には人間の大人と同サイズくらいの巨大種が存在していたという。

 その名は「メガラダピス(学名 Megaladapis edwardsi)」で、尻尾を含めない体の大きさは1.5メートル、頭骨長は30センチもある。

 ただ大きいだけではない。木に抱きつきやすいよう手が長く、足は短いといったコアラのような特徴まであったそうで、そのため「コアラキツネザル」とも呼ばれることもある。

【1475年前のメガラダピス、主食は葉っぱ】

 熱帯の気候は古いDNAの保存にはあまり向いていない。そのためとっくの昔に絶滅したメガラダピスについてはわからないことが多かった。だが最近になって、運よく発見された下顎の骨から保存状態が良好なDNAが発見されている。

 『PNAS』(6月29日付)に掲載された研究によると、そのメガラダピスは1475年前を生きていた。主に葉っぱを食べて暮らしていたことが明らかになったという。
Megaladapis_e
メガラダピスイメージ図 / image credit:FunkMonk / WIKI commons

 キンシコウやウマが持つものに似た、葉っぱの毒素を分解し、栄養の吸収を助ける遺伝子が発見されたのだ。

 米ペンシルベニア州立大学のステファニー・マーシニャク氏によると、雑食の動物に比べて、主に葉っぱを食べる動物は体が大きくなる傾向があるのだという。

 そのためメガラダピスもまた葉っぱが主食なのではと推測されてはいたそうだが、今回それがDNAからも確認された形だ。
0_e2
メガラダピスのイメージ図 / image credit:Alex Boersma/PNAS

進化の位置付け

 もう1つ明らかになったのは、進化の位置付けだ。

 頭蓋骨や歯を現生の「アカビタイキツネザル(学名 Eulemur rufifrons)」や「イタチキツネザル(学名 Lepilemur mustelinus)」と比較した過去の研究では、メガラダピスは後者に近いとされていた。

 しかし遺伝子の分析結果からは、むしろアカビタイキツネザルに近いことが判明したそうだ。
0_e3
メガラダピスの頭蓋を3Dスキャンしたもの。頭蓋と歯の形状はイタチキツネザルと類似しているが、DNAからはアカビタイキツネザルに近いことが判明した(出典: Alexis Sullivan and Stephanie Marciniak)

絶滅の原因は環境の変化

 なお現在、マダガスカルには100種ほどのキツネザルが生息している。しかし巨大なメガラダピスは500年から2000年前に絶滅してしまい、同時代に生きていた種で生き残ったのはもっと小さな仲間だった。
  マーシニャク氏によると、メガラダピスが適応していた環境が大きく変化してしまったことが絶滅の原因と考えられるそうだ。
1024px-Megaladapis2_e
メガラダピスの骨格 / image credit:Vinithehat / WIKI commons
References:This giant, leaf-eating lemur was the size of a human and had paws like a koala | Live Science / written by hiroching / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

動物・鳥類の記事をもっと見る

自分の目も見えなくなっているのに、盲目の飼い主を導きつづけようと奮闘した盲導犬(イギリス) - カラパイア

これどんな競技?お尻を床につけながら前脚だけで移動する猫 - カラパイア

きらめく海からこんにちは!愛犬の目の前をウミガメが静かに通り過ぎて行った! - カラパイア

「毛皮の鎧」斬新なヤギのヘアカットは防御力が高そうに見える - カラパイア

絶滅・絶滅危惧種生物の記事をもっと見る

子だくさんのリカオンはどのように子供たちに餌を分け与えているのか?その瞬間をとらえた貴重な映像 - カラパイア

冷凍動物園。再び蘇る日のために動物たちの細胞組織を低温保存する施設 - カラパイア

幸せなニュース。絶滅したと思われていた野生のオオカワウソを100年ぶりに再発見!\t - カラパイア

地球を襲った5回の大量絶滅「ビッグファイブ」から学ぶ、現在進行中の種の激減が及ぼす影響 - カラパイア

人間の大人と同じサイズ!巨大なキツネザル「メガラダピス」の主食は葉っぱ