東京五輪ソフトボール金メダルを獲得した後藤希友投手は2021年8月4日、出身地である名古屋市河村たかし市長を表敬訪問した。

このとき河村市長が披露したパフォーマンスをめぐり、SNS上に批判が相次いでいる。

マスクを外し、メダルをがぶり

ソフトボール日本代表は、オリンピックで13年ぶりに悲願の金メダルに輝いた。リリーフとして数々のピンチで大活躍したのが、名古屋出身の後藤投手だった。

後藤選手は名古屋市役所を訪れ、河村市長に金メダル獲得を報告。SNS上では、地元局のCBCテレビで放送されたこのときの1シーンが大きな注目を集めている。

後藤投手は報道陣の前で、河村市長の首に自身のメダルをかけた。すると河村市長はマスクを外し、後藤投手のメダルに噛みついた。このときの様子をCBCテレビはこう報じる。

「後藤投手の活躍を称えた河村市長ですが、金メダルを首にかけてもらうと『重たいな』とつぶやき、突然金メダルをかむパフォーマンスを見せました」

会場からは笑い声が上がっていた。

この映像はCBCのサイトなどでも配信されており、SNS上でも拡散された。視聴者からは河村市長のパフォーマンスに疑問の声があがっている。

「今はコロナ禍。その対応は考えられません」
「自分のじゃないのになにかじってんだよ 可哀そう」
「人の金メダル噛むってどういう神経してるの?気持ち悪い
名古屋市の河村たかし市長(写真:Natsuki Sakai/アフロ)