メロンの上に生ハムを乗せた「生ハムメロン」。

好き嫌いは分かれるかもしれないが、高級食材同士を掛け合わせた贅沢な食べ方であり、何となく憧れの存在だ。パーティーなどで見かけることはあっても、日常的に食べているという人はあまりいないだろう。

でも、これなら日常的に食べられるかも......?

そんな生ハムメロンの「お手軽版」がツイッターに投稿され、話題となっている。

これは、ツイッターユーザーみんみんみーん(@minminmeeeanさん)による2021年8月3日のつぶやきだ。

真っ赤に熟したスイカの上にロースハムが数枚乗っかっている。この発想はなかった......。

確かに理屈としては生ハムメロンと同じ(?)である。

この投稿に対し、ツイッターでは

「どんな味がするか気になりますね」
「天才的な発想」
「割と旨いと思う 発泡酒とか合いそう」
「すげえ、名前ごと弱そうwww

といった反応が寄せられている。

気になる味は......

未知の存在すぎるロースハムスイカ、いったいどんな味だったのだろうか。

真相を知るべく、記者は4日、投稿者のみんみんみーんさんを取材して話を聞いた。

この食べ方を試みた経緯について、みんみんみーんさんは

スイカが安かったので買ってきたらちょうどハムがあったので高級感出したくて」

と説明する。では気になる味の方は、どうだったのだろうか。

スイカにハムの塩気が効いて甘くなってはいたものの、ハムのハム感が強すぎて引き立て合うこともなくかといってマズいこともなく『ハムとスイカを食べたな』という感想でした」(みんみんみーんさん)

なるほど......。生ハムより分厚いロースハムは、少々「ハム感」が強すぎたらしい。

スイカの甘さは増したが、その上で

「普通にスイカに塩振って食べた方がいいと思います」

とのことだった。

「ハム」感、強いらしい(画像はみんみんみーん@minminmeeeanさん提供)

このロースハムスイカの投稿は現在(4日夕時点)で5万7000件を超えるいいねが寄せられるなど、大きな話題となっている。こういった反響に対し、みんみんみーんさんは

「海外っぽい人にも届いててジャパニーズ定番スイーツだと思われないか心配です」

ともコメントしていた。

とはいえ、生ハムメロンも最初は衝撃的な食べ方だったかもしれない。もしかするとこのロースハムスイカもいつか定番の食べ方になる可能性も......?

その第一歩として、気になった方はこの夏、ぜひ試してみてほしい。

この発想はなかった 生ハムメロンならぬ「ロースハムスイカ」話題→気になるお味は「スイカにハムの塩気が効いて...」