ちょっとしたミスが大きな問題に発展してしまうことはあるが、海外ではホテルフロント係が女性が宿泊している部屋の鍵を間違えて加害者に渡してしまい、女性が不気味な被害に遭う事件が起きた。

 イギリスハートフォードシャー州で、46歳の男がホテルフロント係のミスで渡された鍵を使用し、部屋で寝ていた女性の足を舐めた事件で、男に刑が言い渡されたと海外ニュースサイト『Herts Live』と『The Daily Star』などが8月2日までに報じた。

 ​>>「ほほ笑まれ、見下されていると思った」32歳男、ホテル従業員女性を殺害 男は精神疾患を主張<<​​​

 報道によると男は2020年10月、同州のホテルに滞在したという。部屋の暖房設備が壊れていたことから男はホテルフロントを訪れ、部屋を変更してほしいと要求した。

 ホテルフロント係は要求を受け入れ、別の空いている部屋の鍵を渡した。しかしホテルフロント係は勘違いし、すでにチェックインしていた20代女性の部屋の鍵を渡してしまった。男は女性が宿泊しているとは知らず鍵を受け取ると、新しい部屋に向かった。男は新しい部屋に入ると女性が寝ているのを発見した。男と女性に面識はなかった。男は一度、自分が寝ていた部屋に戻ったが約10分後、再び女性の部屋に戻ったそうだ。

 男は女性に近付き足を舐め始めた。女性が異変に気づき目を覚ますと、男が自身の足を舐めているのに気付き部屋から飛び出し、ホテルフロントに行き助けを求めた。ホテルフロント係はすぐに警察を呼び、男は駆けつけた警察によって逮捕されたという。

 この度、男の裁判が行われ、男には9カ月の刑務所行き(執行猶予1年)が言い渡された。また具体的な額は不明だが、男には女性への賠償金の支払いと100時間の社会奉仕活動が科されたほか、精神的な問題があるとみられるため専門のリハビリプログラムへの参加が義務付けられている。なお、ホテル側が何かしらの罪に問われたという情報はない。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「間違えられた部屋で女性を見つけるなり足を舐めるなんて男は精神がおかしい。奇妙な性癖の持ち主で、自制ができなかったのだろう」「一度自分の元の部屋に戻ったのに、再び女性が寝ている部屋に行き足を舐めるなんて、ホテル側の間違いをチャンスと思ったのだと思う。女性は恐怖だったと思うが、それ以上の被害がなくてよかった」「フロント係のミスは偶然だと思うけど、フロント係のミスを少し期待して暖房が壊れたと嘘をついたのではないかと疑う」「フロント側の責任も大きいと思う。罪に問われてもおかしくはない」「間違えてすでに宿泊者がいる部屋の鍵を渡すものなのか。いくつも鍵があるとも思えない。ホテルフロント係と男がグルだったのではないかと疑ってしまう」などの声が挙がっていた。

 間違いを犯したホテル側にも責任はあるが、間違いを利用し女性を恐怖に陥れた男の罪は重いといえよう。

記事内の引用について
「Stranger licked woman's feet as she was sleeping in her hotel room」(Herts Live)より
https://www.hertfordshiremercury.co.uk/news/hertfordshire-news/stranger-licked-womans-feet-sleeping-5725298
「Horrified woman awoke to find creep licking her feet after he snuck into her hotel room」(The Daily Star)より
https://www.dailystar.co.uk/news/latest-news/horrified-woman-awoke-find-creep-24669132

画像はイメージです