鈴木梨央(撮影・鴇田崇)

 俳優の鈴木梨央(16)が9日、池袋・サンシャインシティで『おしりたんてい』と『科学漫画サバイバルシリーズスペシャルイベントを体験した。13日公開の『映画おしりたんてい スフーレ島のひみつ』で声優を務めた。10日スタートに先立って一足早くイベントを体験し「興味が湧いた」と語った。

 会場内は「おしりたんていエリアと「科学漫画サバイバルシリーズエリアに分かれ、それぞれのアトラクション体験が可能。「おしりたんていエリアではブラウンたちと一緒に事件を推理しながらアスレチックや迷路で遊べ、劇場版に町娘ルル役で参加した鈴木も楽しそうに体験した。

 なかでも、いろいろな“におい”が嗅げる「においのけんきゅうコーナーアトラクションの体験が強烈だったそうで、終了後の囲み取材に応じた鈴木は、「まだこの(顔の)あたりににおいがある感じがします(笑)。優しいにおいなのかなと思ったら、はっきり鮮明としたものだったので興味が沸きました。まだたくさんほかにも(種類が)あったので、においをもっと研究してみたいです」と感想を語った。

鈴木梨央(撮影・鴇田崇)

 今週末公開の映画で演じた町娘ルル役について、「すごく天真爛漫で、楽しかったです。声を当てていくうちに自分自身が空を飛んでいくような気持ちになりました」とアフレコを述懐した鈴木。完成した映画を観て自分でも興奮したそうで、「アフレコをしていた時とはまた違う視点で観られました。なぞなぞや問題を自分自身もドキドキ、ハラハラしながら、『ルルちゃん頑張れ!』と思いながら観ていました」と満喫したそう。そして「一番印象に残っていたのは、普段家族の前ではおてんばなルルちゃんが、かいとうUと出会って自分自身の弱さや本音を言うシーンです。グッと感情移入しました」と自身のおすすめシーンも語った。

 『東映まんがまつり公開記念「おしりたんてい」&「科学漫画サバイバルシリーズ なぞとき+探検フェスティバル』は8月10日~29日(日)の夏休み期間中に開催。会期中は「おしりたんてい」と「ジオ」のキャラクターグリーティングも毎日開催予定だ。

鈴木梨央(撮影・鴇田崇)