King & Prince平野紫耀橋本環奈が9日、都内で行われた映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 ファイナル』(8月20日公開)公開直前イベントに参加した。


累計部数1500万部を超える人気マンガ実写化し、2019年9月に公開された『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』の続編にして完結編。高すぎる「頭脳偏差値」と低すぎる「恋愛偏差値」による恋愛頭脳戦の行方を描く。平野が生徒会長白銀御行、橋本が生徒会副会長四宮かぐやを演じている。


今作で「ファイナル」となるが、平野は「スタッフの方と絆深めたのに離れ離れになる寂しさはある。でも、業界は狭いので僕が頑張ってスタッフキャストさんとまた違う現場で一緒になったらうれしいと思って精進していく」と気持ちを新たに。橋本も「『かぐや様』共演者のみんな同世代で仲が良かった。撮影は和気あいあいとしていたし,プレイベートでも集まったりしていた。同じメンバーで撮影がもうないと思うと寂しいですね」と思いを打ち明けた。


また、前作から2年経っていたということもあり、平野の“人見知り”が再び発動。前作で縮まった距離がまた開いてしまっており、橋本が「あれ?距離感一旦遠くなった」と明かされると、平野も「2年も会わないと、ほぼはじめましてみたいなものだから!」と苦笑い。さらに橋本が「ファイナルから新キャストの方がいたんですけど、(平野くんは)『ご趣味は?』とかお見合いかってくらい硬かった。佐野(勇斗)きゅんも人見知りで、まぁ盛り上がってなかった」と指摘。平野は「まぁ最低でしたよ。こんな主演いていいのかっていうくらい(硬かった)」と反省した。。



この日は約90人の高校生オンラインでつながり、質問コーナーと悩み相談会を実施した。女性ファンから「私のお母さんが平野さんのファン。恋煩いになっているので対処法教えて」という相談が寄せられた。平野は「え、恋煩いはどんな状態!?…寝込んでるの?どうしようもないかもしれない…えっどうしてほしい?」と思わぬ相談にあたふた。最終的に「コロナ禍が落ち着いたらこれからどんどんコンサートをやりたい。いずれそこで両思いになれたら。今後挨拶に伺わせていただきますので」と“珍回答”で笑わせた。


【画像】ガッツポーズ平野紫耀(全14枚)


また、「将来外交官になりたい」という高校生から「挫折したときに心がけていること」を聞かれると、平野は「正直、僕はあまり苦手のことは努力していない。好きなことが将来の仕事になったらいいなと思ってダンスとかやっていた。将来のこと考えて理想としている姿を想像しながらするといい。遠回りと思うことも一番近道。あまり自分を責めすぎずに」とアドバイス。きれいにまとまったが、最後に「外交官ってなに?」とぽかんとしていた。

ドワンゴジェイピーnews