世界には特定の食べ物を口にしないことを信条にしたり、一定期間断食を行う宗教が多々ある。このほど宗教上の理由で断食を行っていたロシアのある女性が、「広告があまりにも魅力的だった」という理由でマクドナルドチーズバーガーを口にしてしまったという。女性は自制心のせいではなくマクドナルド側が悪いと主張し、裁判にまでもつれ込む事態に発展した。『New York Post』などが伝えている。

ロシア首都モスクワにあるザモスクヴォレツキー裁判所によると、シベリアのオムスク市出身のクセニア・オフシアンニコワさん(Ksenia Ovchinnikova)が「マクドナルドの広告が魅力的すぎて、宗教ルールの遵守に失敗した」としてマクドナルドを訴えたという。

クセニアさんはクリスチャンだが、キリスト教ではキリストの復活祭(イースター)の前日までの46日間から日曜日を除いた40日間を“四旬節”と呼ぶ。この期間にはキリストの受難を想起し、自身の罪を改めるための祈りや断食を行う自粛期間とされている。断食と言っても全く食事を食べないのではなく、食事量を減らしたり(大斎)、肉類を食べない(小斎)などの方法で断食を行う。

クセニアさんも四旬節に断食を行っていた2019年の4月、オムスク市のカール・マルクス通りを歩いていた際に“チーズバーガー”と“チキンマックナゲット”を宣伝する広告が目に入った。

実はもともとファストフードが大好きだったというクセニアさん。断食で色々と我慢が続いていたこの時期に美味しそうな広告を見てしまい、食べたい衝動が抑えられなくなってしまった。

クセニアさんは、当時のことをこのように振り返っている。

「この時点で、断食は約1か月続いていました。ハンバーガーの広告を見てしまった時、もう自分ではどうすることもできず、マクドナルドを訪れてチーズバーガーを買ってしまったのです。」

「この広告が私の宗教的感情を侵害し、チーズバーガーの購入を強要したことで16年ぶりに四旬節の遵守に失敗しました。」

現在クセニアさんはマクドナルドに対し、消費者保護法に違反したとして1000ルーブル(約1500円)の精神的損害の補償を求めている。

そんなクセニアさんの驚きの行動について、ロシア正教会モスクワ総主教の関係者は「マクドナルドからの補償を受けるのではなく、神に赦しを求めるべきでしょう。裁判ではなく、告解(罪を告白し、赦しを請うこと)を行うように助言します」と見解を示した。

今回の理解しがたいクセニアさんの行為には、「これは馬鹿げているよ」「銃の広告を見て人を殺したら、銃の販売会社を訴えてもいいのか?」「じゃあ私もバーに貼ってあるワインポスターを見てたくさん飲んじゃうから、訴えてみようかな」と共感できないと訴える声やジョークを交えるコメントも寄せられていた。

なお公式な裁判に先立って行われる予備審問(裁判を行うに値する案件であるかの判断を行う手続き)の日程は未定であると、地元メディアは報じている。

画像は『New York Post 2021年8月6日付「Woman sues McDonald’s after burger ad compelled her to break Lent fast: report」』『Metro 2021年8月7日付「Woman sues McDonald’s after Big Mac advert ‘forced’ her to break Lent」(Picture: Shutterstock)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト