俳優の中川大志が主演し、女優の新木優子と共演するドラマ『ボクの殺意が恋をした』(読売テレビ日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第5話が8日に放送。中川と新木が水族館デートするシーンに「美男美女」「きゅんきゅん」などの反響が寄せられた。

【写真】『ボクの殺意が恋をした』中川大志が新木優子を熱くハグ 美男美女デートシーン

 本作は、身体能力100点、ルックス100点、でも殺しの才能は0点の、最高に“間が悪い殺し屋による、殺意と恋が入り混じるスリリング・ラブコメディー。主人公殺し屋・男虎柊を中川が、暗殺ターゲットの女・鳴宮美月になりすましていた葉山葵を新木優子が演じる。

 葵(新木)から、鳴宮美月になりすましていた経緯を打ち明けられた柊(中川)は、「彼女はもうターゲットじゃない」と詩織(水野美紀)に告げる。

 しかし詩織は監視カメラの映像を根拠に、葵が丈一郎(藤木直人)を殺害した疑いは消えない、と柊に詰め寄る。柊は、これまで近くで見守ってきた葵が人を殺すわけがないと信じ、本物の鳴宮美月を探すことにするのだった。

 その後、柊は葵を笑顔にするため、水族館に連れ出すことに。並んで写真を撮ったりワッフルを食べたり、サメを眺めたりして2人は楽しい時間を過ごす。

 その場で柊は葵を抱きしめ、改めて「葵ちゃんは俺が守る」と決意。水族館でのシーンネット上では「水族館デートきゅんきゅん」「もう2人のデート1時間でも良いなこれ」「美男美女のデートやん!」「ただのデートでしかなくてかわいい」「目の保養」などと反響が集まった。

 後半で2人は、葵が美月のなりすましであることを世間に暴露しようとすることで、美月本人をおびき出す作戦を実行。すると葵の元に刺客が差し向けられ、柊は葵を守るべく覆面の人物と戦う。

 ナイフを振り回す覆面の人物へ素手で果敢に立ち向かい、派手なアクションを披露する柊の姿に、視聴者からは「本格的」「めちゃくちゃキレ良くてカッコよ」「凄すぎて鳥肌」「かっこよすぎた」などと絶賛の声が寄せられていた。

ドラマ『ボクの殺意が恋をした』第5話より (C)読売テレビ