今から4年半前、最愛の娘を交通事故で失った夫婦は、車を運転していた娘の友人に憎しみを抱くのではなく、赦すことで立ち直った。事故直後の夫婦の心の葛藤や、現在の男性との関係を『The Mirror』『The Forgiveness Project』などが伝えた。

イギリス在住で牧師のフェルナンドさん(Fernando、63)とエリザベス・ヒメネスさん(Elizabeth Jimenez、50)夫妻は2017年3月22日、英ブライトン大学の学生で24歳の誕生日を間近に控えていた娘マリアさん交通事故で亡くした。

マリアさんはその日、教会のバンドメンバーとのディナーの席でワインを楽しみ、一緒に来ていた友人のニック・ティ(Nick Tay)に帰宅時の車の運転を頼んでいた。

マリアさんの車は運転者が限定されていたためニックは無保険で、事故当時は片側2車線の道路を制限速度の2倍以上にあたる時速177キロで走行しており、車はコントロールを失って中央分離帯に衝突し横転した。ニックはかすり傷だけで済んだが、マリアさんシートベルトをしておらず、車外に放り出されたことが致命傷となった。午前1時20分頃のことだった。

フェルナンドさんは1995年エリザベスさん、3歳の息子、マリアさんを連れてコスタリカからミッショナリー(伝道師)としてイギリスに移住、事故当時は教会に近いギルフォードに引っ越したばかりだった。一方のニック2016年シンガポールから勉強するために単身渡英しており、事故当時は25歳だった。

フェルナンドさんは娘の事故を知った時の心の葛藤を次のように語っている。

「朝6時だったよ。警察が突然やってきて、娘の死を知らされたんだ。心の準備などできるはずもなく、私はその場に崩れ落ちて泣いたよ。」

「知らせを聞いた直後は本当にショックでね。娘に車を買い与えたことを悔やみ、車を運転していたニック憎しみを覚えた。ナタで殺してやりたいとさえ思ったんだ。」

そしてエリザベスさんも、娘の突然の死が信じられず夫と一緒に泣いた。しかしふと、こう思ったそうだ。

ニック大丈夫だろうか?」

「もし車を運転していたのが息子や夫だったら、自分はどうしただろうか? もし私が彼の立場だったら、どんな気持ちだろう。たった一人でつらい思いをしているに違いない。彼と話をしたい。」

ニックのことがどうしても頭から離れなかったエリザベスさんはその夜、拘留中のニックに電話をして「アイ・ラブ・ユー」と繰り返し伝えた。そんなエリザベスさんの言葉を、ニックはただ泣いて聞いていたという。

こうしてマリアさんの死から2日後、夫妻はニックを自宅に招いた。

エリザベスさんは、当時の様子をこのように振り返っている。

「怯えた顔のニックは、部屋に入るとフェルナンドのところに真っすぐにやって来てハグをしたわ。そして何度も何度も『どうか赦して下さい』って謝った。その後2人は泣きながら崩れ落ち、フェルナンドはニックにこう返したの。『息子よ、君を赦す』とね。

フェルナンドさんは「あの瞬間、自分の中の怒りが消えたんだ。慈悲や思いやりの気持ちが湧いてきて、人を責めたり恨んだりする気持ちがなくなった。もしずっとそんな気持ちでいたら、自分が壊れていただろうね。それからだよ。私はニック愛することに決めたんだ。ニックは私の息子になったんだよ」と心に大きな変化が生まれたことを明かしている。

夫妻はその後、ニックと毎日話をし減刑を求めて奔走した。また行き場のないニックを自宅に招き、6週間を一緒に過ごした。

2017年11月ニックは4年半の運転禁止と懲役5年の有罪判決を受け、ワンズワース刑務所に収監された。夫妻は週1回はニックと面会し、2018年2月には環境の良いメードストン刑務所に移送された。こうして3年半の服役後、ニックシンガポールに強制送還された。

エリザベスさんは「『あなたたちの行動は全く理解できない』と言われることもあるし、夫は『娘にかけていた愛情をニックシフトさせている』と信じているわ。でもニックは夫にとてもよく似ていてね。ニックのそばにいることで私が癒されたの。きっとマリアも同じ気持ちだったと思うわ」と吐露し、ニックの現在の様子についてこう述べた。

ニックシンガポールで本当によくやっているの! 彼は結婚して、もうすぐ赤ちゃんが生まれるのよ。コロナがなければ会いにいくんだけど、今は毎日話をしているわ。」

またフェルナンドさんは最後に、こんな言葉を残している。

「人を赦すということは、赦される側だけでなく赦す側にも真の恩恵があるんだ。マリアはもう戻ってこない。でもニックを赦すことで私の心が癒されたんだよ。」

ちなみにこのニュースには「彼らと同じことはできない。加害者には同じ苦しみを味わって欲しいと思ってしまう」「これはなかなかできないこと」「なぜあれだけのスピードを出していたのか。なぜシートベルトをしていなかったのか。防げる事故だっただけにつらい」「憎しみから得られるものはない。人を赦すことは容易くないが、怒りや憎しみは捨てるべき」「この男性が罪を受け入れ、より良い人生を歩んでくれることを祈る」といった声があがっている。

画像は『SussexLive 2021年8月5日付「Brighton parents forgave their daughter’s killer and even let him move into their home」(Image: Adam Gerrard / Daily Mirror)(Image: Fernando Jimenez)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト