愛光電気株式会社が、株主優待を廃止することを、2021年8月6日の17時に発表した。

 愛光電気の株主優待は、9月20日時点の株主に実施されており、従来の内容は「200株以上の株主に、オリジナル卓上カレンダーを贈呈。400株以上の株主に、オリジナル日めくりカレンダーを贈呈」というものだった。

 しかし、愛光電気の株主優待は2021年9月20日時点の株主への実施分を最後に「廃止」の見通しとなった。なお、愛光電気は同時に、2022年3月期の期末配当の予想を修正して「無配」とすることも発表している。

 愛光電気が株主優待を廃止するのは「MBO」(マネジメント・バイアウトの略。買収対象会社の経営陣が、買収資金の全部または一部を出資して、買収対象会社の事業の継続を前提に、買収対象会社の株式を取得する取引)の一環で、AKコーポレーションによって公開買い付けが行われるため。公開買い付けの成立後、愛光電気は上場廃止となる見通し。

廃止される愛光電気の株主優待制度の詳細

■廃止される愛光電気の株主優待制度の詳細
基準日 保有株式数 株主優待内容
9月20日 200株以上 オリジナル卓上カレンダー
400株以上 オリジナル日めくりカレンダー

 愛光電気の株主優待はオリジナルカレンダーだったが、公開買い付けの成立を前提として廃止される見通しになった。残念に思う株主もいるだろうが、本日(8月6日)発表された公開買い付け価格は2360円で、本日の終値1875円と比べると2割以上高く設定されており、今後、株価は公開買い付け価格付近まで上昇することが予想される。翌営業日以降の株式市場で注目が集まりそうだ。
【※関連記事はこちら!】
「8月に権利が確定する株」の配当利回りランキング!“11期連続増配“で利回り4.6%のヨンドシーHD、利回り4.5%の和田興産など、おすすめの高配当株を紹介!

 愛光電気は電設資材の卸売事業などを手掛ける企業。本社は神奈川県小田原市。2022年3月期(通期)の業績予想は、売上高が105億円(前期比2.3%増)、営業利益が8700万円(前期比61.1%減)、経常利益が8600万円(前期比62.0%減)、当期純利益が6000万円(前期比58.6%減)。

愛光電気
業種 コード 市場 権利確定月
卸売業 9909 JASDAQスタンダード 9月20日
株価(終値) 必要株数 最低投資金額 配当利回り
1875円 200株 37万5000円
※株価などのデータは2021年8月6日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。
愛光電気は電設資材の卸売事業などを手掛ける企業。