インテルに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクは、チェルシーへの移籍が目前に迫っている。9日、イタリアメディアスカイスポーツ』のジャンルカ・ディ・マルツィオ記者らが報じた。

 ルカクについては先日、移籍金9750万ポンド(約149億円)でチェルシーインテルが合意に達したことが報じられていた。同選手は2014年夏まで所属していたチェルシーと、週給19万5000ポンド(約2900万円)の5年契約を結ぶと見られている。

 そんななか、ルカクは現地時間9日、ミラノの医院にてチェルシーメディカルチェックの主要パートを通過。同選手は今週中にロンドンへ渡ると見られ、間もなく移籍の正式発表が行われることになりそうだ。

 ルカク2019年夏にマンチェスター・Uからインテルへと完全移籍。2020-21シーズンセリエAではチームトップの24ゴールと11アシストを記録し、11年ぶり19回目のスクデット獲得に貢献した。

 なお、ディ・マルツィオ記者によると、インテルはすでに同選手の後釜確保に動いている模様。なかでも、ローマボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコがメインターゲットのようだ。

ルカクのチェルシー移籍は秒読み段階 [写真]=Getty Images