アタランタがリヴァプール日本代表FW南野拓実の獲得に興味を示しているようだ。イタリアメディアTUTTOmercatoWEB.com』が9日に報じた。

 アタランタは、チェルシーイングランド代表FWタミー・アブラハムの獲得に動いていたようだが、交渉は金銭面などの理由により行き詰まった模様。それでも、プレミアリーグプレーするアタッカーの補強を諦めていないようで、複数の選手を候補に入れているようだ。

 同メディアによると、南野に加え、ブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレ(アストン・ヴィラ)、ウェールズ代表FWダニエルジェームズマンチェスター・U)、ナイジェリア代表FWアレックス・イウォビ(エヴァートン)の4選手について各クラブに情報を求めたという。

 また、南野はサウサンプトン復帰の可能性も浮上しているようだ。8日付のイギリスメディアトークスポーツ』によると、サウサンプトンが同選手の再獲得に向けてリヴァプールに問い合わせを行ったという。南野は2月にサウサンプトンへとレンタル移籍し、昨シーズン後半戦でリーグ戦10試合出場2ゴールを記録した。

 サウサンプトンは今夏にエースイングランド人FWダニーイングスがアストン・ヴィラに移籍した。『トークスポーツ』によると、サウサンプトンの下部組織出身で現在はリヴァプールに所属するイングランド人MFアレックスオックスレイドチェンバレンレンタルを望んでいる模様。さらに、チェルシーに所属する19歳のアルバニア代表FWアルマンド・ブロヤを1年間のレンタルで獲得間近だという。

昨季サウサンプトンでプレーした南野拓実 [写真]=Getty Images