8月9日、映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」のジャパンプレミア試写会が東京・TOHOシネマズ六本木で開催され、日本語吹替版でブラッドスポートの声を演じている山寺宏一が、宮野真守ファーストサマーウイカと共に登壇。同映画は、「アベンジャーズシリーズの製作総指揮を務めるジェームズ・ガン監督による、ユーモア満載の痛快サバイバルアクション大作。

【写真を見る】山寺宏一が下ネタ風のセリフを披露し、2人にすかさずツッコまれる

ステージに登壇すると、山寺は「風が強い中、そしてオリンピックの興奮も冷めやらぬ中、集まっていただき本当にありがとうございます。“金メダル級”に最高に素晴らしいエンターテインメントで、大好きな作品なのでいっぱい語りたいことがありますが、ネタバレを気にしながらおしゃべりさせていただきます」と観客に向けてあいさつ

司会者から「衣装は演じた役をイメージしたものですよね」と振られると、「『ブラッドスポートみたいなイメージの服で出てください』ってムチャぶりをされまして(笑)。僕の知ってるヴィリディアンというブランドの展示会で来年の春夏モノを借りてきました。サンプルです! たまたま来年の新作がこんな感じだったんです。展示会をやってるのに『貸して!』って(笑)」と、衣装は借り物だと明かした。

山寺が声を演じるブラッドスポートは、スーパーマンを病院送りにした罪で服役中の世界最強スナイパー。「前作には出ていないキャラですが、腕利きの殺し屋です。小さい頃から傭兵の訓練を受けていて、軍隊にもいたキャラで、腕っぷしが強いんですけど、弱みを握られてスーサイド・スクワッドの一員になる。そういう弱いところもあります」と演じた役を説明。

「本編でのセリフを一つお願いします」と振られ、「渋いセリフがいっぱいあるんです。すごいスナイパーですからね。一つだけいきますよ」と前振りをして、「白のモッコリ、キモッ!」というセリフを披露。これには宮野も「え?下ネタ!?」、ファーストサマーウイカも「山寺さん自身の気持ちじゃないですよね?(笑)」と思わずツッコミを入れるが、「気持ちは込めて言いましたけど、セリフです!」と笑顔を見せた。

そんな下ネタ的なセリフを披露した山寺は、「下ネタとか、笑える会話がいっぱいあります。でも、感動するシーンもあって、全部が詰め込まれた作品です」と、映画の魅力をアピール

イベント終盤には、「世界で一番好きな国の一つ、日本に行けずとても残念ですが、間もなく映画の公開を迎えると聞いて本当に楽しみです。この場を借りて、日本の声優の皆さんに極悪なヤツらに命を吹き込んでくれた事を感謝します。映画のタスクフォースXと同じくらい難関なミッションだったでしょう。日本での大ヒットを祈っています。愛を込めて。皆さんとこの瞬間をシェアできて最高です!! 楽しんでください!!」というジェームズ・ガン監督からのビデオメッセージスクリーンで流された。

最後は「映画の面白さが全部詰め込まれた痛快な作品です。ジェームズ・ガン監督のことを知る人なら『絶対間違いない』と確信されていると思います。もし、知らない人がいたら、監督の他の作品もぜひ見てください。面白いって確信できると思います。たくさんの面白いキャラクターが出てきますし、大迫力の画面で見ていただきたいので、こんな時期ですが、気を付けながらぜひ劇場で見てください」というメッセージで締めくくった。

映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」は8月13日(金)全国ロードショー

◆取材・文・撮影=田中隆信

映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」のジャパンプレミア試写会に登場した山寺宏一