詳細画像はこちら

マクラーレン・セナの記録を突破

text:Felix Pageフェリックス・ペイジ)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

米国のハイパーカーメーカージンガー社が手掛ける最新モデル「21C」がカリフォルニア州ラグナ・セカで市販車として最速記録を更新した。

【画像】とにかく速い最新ハイパーカー【ジンガー21Cとライバルを写真で比較】 全116枚

レーシングドライバーのジョエル・ミラーハンドルを握り、わずか1分25.44秒で3.6kmのコースを周回した。これは、2019年マクラーレン・セナが樹立した1分27.62秒を大きく上回る記録だ。

詳細画像はこちら
ジンガー21C    ジンガー

タイヤは公道走行用のミシュランパイロットスポーツカップ2Rを装着。記録挑戦時のコンディションは「理想的」だったという。

ジンガーによると、ラグナ・セカでの記録更新を皮切りに、今後もさまざまなチャレンジを予定しているようだ。21Cは8月12日から16日までモントレー・カー・ウィークで一般公開される。

0-100km/h加速1.9秒のハイブリッド車

21Cは、1万1000rpmまで回転する自社開発の2.88L V8ツインターボフラットクランク、油圧式多板クラッチを備えた7速シーケンシャルトランスミッション
を採用。前輪には2基の電気モーターを搭載し、合計出力1250psを発揮するハイブリッドハイパーカーだ。

車重は1250kg(軽量のサーキット専用モデルは1218kg)で、パワーウェイト・レシオは1:1になるという。

詳細画像はこちら
ジンガー21C    ジンガー

0-100km/h加速は1.9秒、0-300km/h加速15秒、0-400-0km/hは29.0秒。最高速度は431km/hに達するとされている。

3Dプリント技術を用いて設計・製造された21Cはアルミカーボンファイバーの複合シャシーを特徴としている。ボディは空力性能に特化しており、ジンガーによると、250km/hで走行中のダウンフォース250kgになるという。サーキット専用モデルではさらに強化され、790kgに上るとされている。


【1250psのハイブリッド車】ジンガー21C ラグナ・セカ最速記録更新 出力重量比1:1