宮野真守が、8月9日に東京・TOHOシネマズ六本木で開催された映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」のジャパンプレミア試写会に、山寺宏一ファーストサマーウイカと共に登壇した。

【写真を見る】ネクタイの水玉模様をアピールする宮野真守

同映画は、「アベンジャーズシリーズの製作総指揮を務めるジェームズ・ガン監督によるユーモア満載の痛快サバイバルアクション大作。宮野は日本語吹替版で、虹色の吹き出物のようなスーツを身にまとい、極彩色の水玉を放って敵を全てチーズに変えてしまう“最強の陰キャ”、ポルカドットマンの声を演じている。

山寺から「全身水玉で来るかと思ってたのに」と言われると、「流石にやめておきました(笑)。(ネクタイを見せて)一応、ドットをね。これ、飛ばすかもしれないので気を付けてください(笑)」と言って会場を和ませた。

そして、「ポルカドットマンはやばいヤツです。能力がすごくて、水玉を出して、それで相手を倒すんです。ボッコボコに穴を開けちゃいますからね。それぐらい凶悪な能力を持っているんですけど、ちょっと内気なキャラで声は小さいです(笑)」と演じた役柄を解説。

司会者から「本編中のセリフを一つお願いします」と振られると、咳払いをして、「(小声で)…ただの吹き出物…」とささやくようにセリフを披露した。

同作には個性的なキャラが多数登場するが、ファーストサマーウイカはポルカドットマンが“推し”だと告白し、「ポルカドットマンにしか見えてない景色があって、それが何回か出てきます。それがヤバい!トラウマになるくらい、目を閉じるとその情景が浮かんでしまうくらいパンチがあります。待ち受けにしたいくらい(笑)。母性本能がくすぐられて守ってあげたくなります」と、ポルカドットマンの魅力を熱くアピール

最後に、宮野は「誰が見ても面白い映画ってあるんだなと心から思いました。物語の中には、心に染み入って涙する部分や心に触れてしまってグッと来る部分とかもたくさんありますが、最初から最後まで笑っていられるって、なんて素晴らしいんだろうと思いました。この作品を見て、あったかい気持ちを持ち帰っていただけたらいいなと思います」というメッセージを伝えて、イベントを締めくくった。

映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」は8月13日(金)全国ロードショー

◆取材・文・撮影=田中隆信

映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」のジャパンプレミア試写会に登場した宮野真守