詳細画像はこちら

14歳から運転できるフェラーリ

textJack Warrickジャック・ウォリック
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

フェラーリの最新モデルは、250スタロッサの75%スケールの電動レプリカだ。14歳以上であれば、自分だけのイタリアンクラシックカーを運転することができる。

【画像】美しいテスタロッサ・ジュニア【オリジナルの250と写真で比較】 全41枚

フェラーリ・テスタロッサJと名付けられたこのモデルは、イタリアのマラネロにあるスタイリングセンターが、ペダルカーなどを手掛けるリトル・カー・カンパニー社と共同でデザインした。

詳細画像はこちら
フェラーリ・テスタロッサJ    フェラーリ

フェラーリのクラッシェ部門が保有するオリジナルの設計図をもとに、シャシーをはじめとする機械部品を製作し、全長3100mm、全高1100mm、全幅700mmというサイズを実現している。

スタロッサJは、車体前方に配置された3つのバッテリーと電気モーターで走行する。「ノーヴィス」、「コンフォート」、「スポーツ」、「レース」の4つの走行モードを備えており、最高速度は60km/h。1回の充電で約90kmの走行が可能であるとしている。

F8とリブートのペダルなど、フェラーリの実車の部品やスタイリングを参考にしている。12インチのホイールにピレリ製のタイヤを装着。ビルシュタイン製コイルオーバーダンパーとカスタムスプリングを採用し、回生ブレーキも備えている。

雰囲気を再現しつつ最新技術搭載

フェラーリは、「このクルマの開発における最優先事項は安全性でした」と語っている。

「金属製のサイドパネルは強化されており、オプションでロールバーを追加することができます。ブレーキ性能を最大限に引き出すため、オリジナルドラムシステムに代わってブレンボ製のディスクブレーキが採用され、さらに油圧式ハンドブレーキも装備されています」

詳細画像はこちら
フェラーリ・テスタロッサJ    フェラーリ

インテリアは革張りで、1957年オリジナルモデルで採用されたナルディ社製のステアリングホイールを装備している。クラシックなメーターには、オイルゲージウォーターゲージの代わりにバッテリーモーターの温度を表示し、燃料計はバッテリー残量を表示する。

また、14種類のヒストリック・リバリーと53種類のボディカラーを用意し、さまざまな部分をカスタマイズすることができる。

価格は約7万8765ポンド(約1200万円)からで、生産台数は299台となっている。テスタロッサJは、ベイビーブガッティやアストン マーティンDB5ジュニアなど、リトル・カー・カンパニーラインナップに加わる。


■EVの記事
【実物の3/4スケール】フェラーリ 250テスタロッサの電動レプリカ発表 価格は約1200万円から
【バッテリーを縦に置く】斬新なEVデザイン公開 効率化とコスト削減に貢献 英スタートアップ
【EVのメリット高まる?】解決進むエネルギーミックス問題 英国の電力事情とは
【むしろSクラス以上?】メルセデス・ベンツEQS試乗 新世代の頂点を体感

【実物の3/4スケール】フェラーリ 250テスタロッサの電動レプリカ発表 価格は約1200万円から