5月12日に4カ月連続デジタルシングルリリースプロジェクトの第1弾として楽曲「Rebellious(リベリアス)」をリリースしたMay J.が、同プロジェクト最後の楽曲「LoveHate(ラブアンドヘイト)」を8月11日(水)にリリースすることを発表。また、ジャケット写真とキービジュアルをオフィシャルHPで公開した。

【写真を見る】ジャケット写真とともに公開されたキービジュアル

プロジェクト第4弾となる「LoveHate」は、2020年に世界中に広がった“Black Lives Matter運動”にインスパイアされて書かれた楽曲。

「奴隷解放宣言から150年以上たった今でも繰り返される事件に対して、“It’s enough”という思いを込めました。人種差別のような問題だけに限らず、“愛”と“憎しみ”を繰り返すような関係は、私たちの身近なところにも存在していると思います」と、May J.コメント

さらに「当事者だけではなく、この現状を疑問に思った1人1人が声を上げていかなくては歴史は変えられない。協調性や同調性を持つことが美徳だと教えられてきた私たち日本人ではありますが、自ら声を上げる勇気が少しずつ芽生えていくことを願って作りました」と語った。

「Love & Hate」ジャケット写真/ ※提供写真